慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25660256seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25660256seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :269.8 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 326

Total downloads since Apr 11, 2016 : 326
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル エピゲノム・バックグラウンドの操作による直接リプログラミング効率の改善  
カナ エピゲノム・バックグラウンド ノ ソウサ ニ ヨル チョクセツ リプログラミング コウリツ ノ カイゼン  
ローマ字 Epigenomu bakkuguraundo no sosa ni yoru chokusetsu ripuroguramingu koritsu no kaizen  
別タイトル
名前 Optimization of direct reprograming methods by understanding the epigenomic features of descendant cell types.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小田, 真由美  
カナ オダ, マユミ  
ローマ字 Oda, Mayumi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80567511

名前 迫田, 実希  
カナ サコタ, ミキ  
ローマ字 Sakota, Miki  
所属 慶應義塾大学・医学部・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究計画では, ES細胞を用いた転写因子の強制発現タイミングと異なる培養条件における細胞分化の傾向と効率を確かめることにより, 直接リプログラミングにおける転写因子の役割分担について検討を行った。転写因子強制発現における遺伝子発現変化より, 影響範囲の違いによる転写因子のグループ化を行い検討の材料とした。また, 培養条件による分化効率の違いの検討を各種マーカー遺伝子の発現量の違いにより行い, 時系列を追って発現変化を見ることにより転写因子の役割の違いについて明らかにした。対照として, 各種組織のDNAメチル化プロファイルを作成し, 成熟細胞の持つ特徴的なDNAメチル化パターンを明らかにした。
In this study, we assessed the optimization of direct reprogramming method by analyzing the expression data of transcription factor (TF)-induced ES cell lines and found that the efficiency of cell differentiation examined by several cell type-specific markers was changed according to the role of TFs in direct reprogramming process. We also examined different culture conditions that alters genome-wide epigenetic status, and studied the results of TF-induction under different DNA methylation status. For the comparison, DNA methylation profiles of several tissues were made, which is expected to be used for the understanding the cell type-specific epigenomic patterns and the differences between their descendants.
 
目次

 
キーワード
直接リプログラミング  

DNAメチル化  

転写因子  

ES細胞  

エピゲノム  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25660256
研究分野 : エピゲノム学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:45:50  
作成日
Apr 11, 2016 09:45:50  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース