慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25560419seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25560419seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :111.2 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 248

Total downloads since Apr 11, 2016 : 248
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 化学発生学によるホヤ脊索形成機構解析  
カナ カガク ハッセイガク ニ ヨル ホヤ セキサク ケイセイ キコウ カイセキ  
ローマ字 Kagaku hasseigaku ni yoru hoya sekisaku keisei kiko kaiseki  
別タイトル
名前 Studies on ciona notochord tubulogenesis by chemical biology approach  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井本, 正哉  
カナ イモト, マサヤ  
ローマ字 Imoto, Masaya  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60213253

名前 田代, 悦  
カナ タシロ, エツ  
ローマ字 Tashiro, Etsu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00365446

名前 堀田, 耕司  
カナ ホッタ, コウジ  
ローマ字 Hotta, Koji  
所属 慶應義塾大学・理工学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80407147

名前 岡, 浩太郎  
カナ オカ, コウタロウ  
ローマ字 Oka, Kotaro  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10276412
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
細胞遊走阻害剤UTKO1はホヤの脊索管形成を阻害したことから, UTKO1の標的タンパク質を同定することで脊索管形成分子機構を明らかにすることにした。まず, ビオチン標識化したUTKO1と脊索管形成期におけるホヤ抽出液を混合しアビジンビーズでプルダウンすることでUTKO1標的タンパク質を同定し, そしてその直接結合を大腸菌より精製した同タンパク質を用い確認した。さらに同タンパク質をモルフォリノアンチセンスオリゴヌクレオチドによりノックダウンしたところ, 脊索管形成がUTKO1同様に阻害されたことから, 実際に同タンパク質がホヤ脊索管形成に関与していることを示した。
In the present study, we aimed to elucidate the molecular mechanisms of Ciona notochord tubulogenesis by identifying the target protein of UTKO1, a cell migration inhibitor. Avidin beads pull down assay using biotin labeled UTKO1 and the lysate prepared by the larvae during notochord tubulogenesis identified the target protein of UTKO1, and we confirmed this direct interaction using the protein purified from E.Coli. Furthermore, knockdown of target protein using morpholino antisense oligonucleotide inhibited notochord tubulogenesis as seen in UTKO1 treatment, suggests the involvement of target in notochord tubulogenesis.
 
目次

 
キーワード
ホヤ  

脊索管形成  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25560419
研究分野 : ケミカルバイオロジー
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:42:48  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:48  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース