慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25462167seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25462167seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :96.7 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 800

Total downloads since Jan 6, 2017 : 800
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 持続的脊髄冷却法による脊髄冷却効果の実験的検討 : 冷却効率の向上へむけて  
カナ ジゾクテキ セキズイ レイキャクホウ ニ ヨル セキズイ レイキャク コウカ ノ ジッケンテキ ケントウ : レイキャク コウリツ ノ コウジョウ エ ムケテ  
ローマ字 Jizokuteki sekizui reikyakuho ni yoru sekizui reikyaku koka no jikkenteki kento : reikyaku koritsu no kojo e mukete  
別タイトル
名前 Experimental analysis of continuous epidural cooling against spinal cord injury  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 吉武, 明弘  
カナ ヨシタケ, アキヒロ  
ローマ字 Yoshitake, Akihiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70327550

名前 志水, 秀行  
カナ シミズ, ヒデユキ  
ローマ字 Shimizu, Hideyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50226247

名前 高木, 秀暢  
カナ タカキ, ヒデノブ  
ローマ字 Takaki, Hidenobu  
所属 東京歯科大学・歯学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20594683
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
swine(35~40kg)を用い, A群(低温epidural cooling; 4℃)群, B群(高温epidural cooling; 20℃)群, C群はcontrol群とした。術後12時間後のTarlov scoreはA群B群で, control群に比較して冷却効果を得た。術中MEP消失までの時間はAB群間で有意差はなく, C群と比較すると有意に長かった。手術後, HE染色ではC群でneuronの壊死を著明に認め, 低温冷却群や高温冷却群では脊髄の壊死はほとんど認められず20℃の冷却であっても脊髄保護効果が十分であると思われた。
Eighteen pigs underwent thoracic aortic double clamping for 35 minutes. These are divided into three groups, Gourp A (cooling temperature; 4℃), Group B (20℃), and Goup C (control). Mean time from aortic crossclamping to onset of MEP loss was significantly longer in group A and B than group C. Group A and group Bshowed significantly better neurologic function than that of group C. In group A and group B, motor neurons had a nearly normal appearance, with minimal eosinophilic change in the cytoplasm. Group C motor neurons showed acute necrotic changes. Degenerating neurons were swollen or shrunken.
 
目次

 
キーワード
胸腹部大動脈瘤  

脊髄保護  

硬膜外クーリング  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25462167
研究分野 : 心臓血管外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:52  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース