慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25461995seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25461995seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :201.5 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 603

Total downloads since Jan 6, 2017 : 603
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 乳がん内における腫瘍細胞の不均一性と転移ニッチの解析  
カナ ニュウガンナイ ニ オケル シュヨウ サイボウ ノ フキンイツセイ ト テンイ ニッチ ノ カイセキ  
ローマ字 Nyugannai ni okeru shuyo saibo no fukinitsusei to teni nitchi no kaiseki  
別タイトル
名前 RNA sequencing analysis of distant metastasis of breast cancer cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 有馬, 好美  
カナ アリマ, ヨシミ  
ローマ字 Arima, Yoshimi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20309751
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
他臓器への転移機構を解明することは, 乳がん患者の予後改善につながると考えられる。本研究では, 転移の最終ステップであるcolonizationに関わる分子機構を明らかにすることを目的とした。ヒトHER2乳がんおよびトリプルネガティブ乳がん細胞株をマウス左心室内に注入して乳がんの遠隔転移モデルを作製し, 転移巣からRNAを抽出してRNA-seq解析を行った。転移巣と原発巣において, がん細胞と周辺細胞由来の双方の発現遺伝子について解析を行い, がん細胞が転移先の組織に定着するのに重要な役割を果たす因子(転移ニッチ)の同定を試みた。それらの因子は転移がんの治療の標的となる可能性がある。
Our understanding of the causes and treatment of primary breast cancer has advanced, however, the biological and molecular mechanisms of distant metastases have not been clearly defined and remain uncontrolled. It has recently been reported that metastasizing cancer cells interact with their microenvironments, and that the microenvironmental factors do play an important role in promoting metastasis, as niches. We have developed distant metastasis mouse models by using human triple-negative breast cancer cell lines and HER2 breast cancer cell lines, and we have performed RNA sequencing analysis to identify the genes in secondary tumor tissues, focusing on the tumor microenvironments that contribute to the completion of the metastatic process. A better understanding of the hallmark genes contributing to colonization will provide a better basis for developing new therapeutic strategies and improving the prognosis for breast cancer patients.
 
目次

 
キーワード
乳がん  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25461995
研究分野 : 腫瘍生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:51  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース