慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25288040seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25288040seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :614.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 291

Total downloads since Jan 6, 2017 : 291
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 界面化学制御に基づく新機能材料デザイン  
カナ カイメン カガク セイギョ ニ モトズク シンキノウ ザイリョウ デザイン  
ローマ字 Kaimen kagaku seigyo ni motozuku shinkino zairyo dezain  
別タイトル
名前 Design of functional materials based on surface modification  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 栄長, 泰明  
カナ エイナガ, ヤスアキ  
ローマ字 Einaga, Yasuaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00322066
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では「固体物質の電子状態を化学的に制御できる光機能界面を構築することで, 自在に界面電子状態を操ることのできる方法論を確立すること」を目標とした。さらに, この考え方を「超伝導性」に拡張し, その特性を光制御できる新材料を創製することを通じて, 次世代に向けた新規な光機能性材料創製の技術提案を行った。26年度には, 「超高濃度にホウ素をドープしたダイヤモンド」の界面に着目し, 水素終端のダイヤモンド薄膜と, 表面酸化を行ったダイヤモンド薄膜ではその臨界電流値が異なることを見出し, 27年度には, フォトクロミック化合物であるアゾ化合物を表面修飾することで, その超伝導特性を可逆に光制御することに成功した。
Previously, reversible photoswitching of magnetization has been present by interfacing photoresponsive compounds. This strategy could apply to other properties by the appropriate integration of photoresponsive compounds and functional materials. First, superconducting properties of diamond were compared between hydrogen- and oxygen-termination. The critical current density was larger in the H-termination, compared to the O-one, which were reversibly modulated through surface modification. Then, a photoswitchable superconductor was prepared and characterized, in which a photochromic azobenzene molecular layer was immobilized onto the superconducting diamond. The critical current density was controlled reversibly upon photoisomerization of an azobenzene molecule. This effect is explained as the reversible photoisomerization inducing an inhomogeneous electron distribution along the superconducting diamond surface.
 
目次

 
キーワード
界面  

光制御  

ダイヤモンド  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25288040
研究分野 : 機能性材料, 光化学, 電気化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:29  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:29  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (396) 1st
2位 Spatial animacy ... (375)
3位 文化資本概念の現... (374)
4位 新自由主義に抗す... (327)
5位 ガールクラッシュ... (303)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (707) 1st
2位 酢酸エステル類の... (672)
3位 インフルエンサー... (548)
4位 外国判決の承認に... (493)
5位 診療上の医師の注... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース