慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25280034seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25280034seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.9 MB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 405

Total downloads since Jan 6, 2017 : 405
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Emulating a large-scale quantum Internet  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Van Meter, Rodney  
カナ バン ミーター, ロドニー  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90458977

名前 楠本, 博之  
カナ クスモト, ヒロユキ  
ローマ字 Kusumoto, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20225147
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
量子インターネットの開発と実現のため, 最重要となる基幹技術が異なったネットワーク同士の接続方法を開発し, シミュレーションによって挙動を確認した。必要となる全ての関連技術をデザインし, 再帰的経路セットアップアルゴリズム及び分散量子状態のソフトウェアによる管理手法を開発した。量子インターネット全体のシミュレータは現在開発中となる。また, 「量子スニーカーネット」の概念を開発し, シミュレーションを行った。これにより例えばコンテナ船で量子ビットを移送し海を越える量子もつれが作成可能である。さらに, 混合状態を用いた量子ネットワークコーディングを開発し, シミュレーションにより使用可能な状況を確認した。
We have solved key problems in the development and deployment of a true quantum Internet. Most important among these, we have designed and simulated a mechanism for building entanglement end-to-end along a path through the quantum Internet, crossing boundaries between different types of quantum networks. All key mechanisms have been designed, most importantly the recursive path setup algorithm and software management of distributed quantum states. The complete Internet simulation remains in development. We developed and simulated a "quantum sneakernet" mechanism, for building entanglement using entangled quantum states moved via container ship. We simulated quantum network coding using mixed quantum states as a "middleware" means of optimizing use of a Quantum Internet, and established that penalties on end-to-end fidelity are acceptable.
 
目次

 
キーワード
量子インターネット  

量子リピーター  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25280034
研究分野 : 量子ネットワーク
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:24  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース