慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25253085seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25253085seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :279.7 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 74

Total downloads since Jan 6, 2017 : 74
 
タイトル
タイトル グリオーマ幹細胞・血管内皮細胞の浸潤複合体を標的とする新しい抗浸潤療法の開発  
カナ グリオーマ カンサイボウ・ケッカン ナイヒ サイボウ ノ シンジュン フクゴウタイ オ ヒョウテキ ト スル アタラシイ コウシンジュン リョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Gurioma kansaibo kekkan naihi saibo no shinjun fukugotai o hyoteki to suru atarashii koshinjun ryoho no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of a novel anti-invasion therapy targeting the glioma stem cell/endothelial cell invasion complex  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐谷, 秀行  
カナ サヤ, ヒデユキ  
ローマ字 Saya, Hideyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80264282

名前 Sampetrean, Oltea  
カナ サンペトラ, オルテア  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50571113
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々はこれまでに, グリオブラストーマ(GBM)においてグリオーマ幹細胞が正常脳の血管を引き込み, 血管内皮細胞と浸潤複合体を形成することを見出した。本研究ではその現象の分子基盤を解明し, 浸潤複合体を標的とする新しい抗浸潤療法の開発を目標とした。マウスGBMモデルを用いた解析より, 浸潤複合体形成を規定する血管内皮細胞側の因子を同定することができた。さらに, 培養脳切片を用いた浸潤抑制剤の評価により, グリオーマ幹細胞のエネルギー産出を抑制する薬剤が抗浸潤効果を示すことを見出した。代謝阻害剤の中から抗浸潤効果が高い薬剤の同定に成功し, 現在, 動物における抗浸潤療法のプロトコール構築を開始している。
We have previously found that in glioblastoma, glioma stem cells can attract blood vessels from the normal brain and form an invasion complex with the endothelial cells of the co-opted vessels. The purpose of the present research was to elucidate the molecular mechanisms underlying the formation of the invasion complex and to develop a new anti-invasion therapy. Using a mouse GBM model, we identified the factors that determine the endothelial cells to participate in the formation of the invasion complex. Furthermore, by evaluating the anti-invasion potential of various classes of drugs using the brain slice culture assay, we found that inhibiting energy production can drastically reduce the invasion of glioma stem cells. We are now testing the most effective metabolic inhibitors in combination with chemotherapeutic agents in several animal models of glioma.
 
目次

 
キーワード
細胞・組織  

癌  

発生・分化  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(A)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25253085
研究分野 : がん
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:24  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 LONG-RUN FISH ST... (8802) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (1164)
3位 記憶の社会学・序... (1140)
4位 日本における小売... (1130)
5位 アルコール発酵の... (1056)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1177) 1st
2位 Linguistic encod... (900)
3位 アルコール発酵の... (644)
4位 右水晶と左水晶の... (498)
5位 日本における赤痢... (434)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース