慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25120014seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25120014seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :858.0 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 595

Total downloads since Nov 12, 2018 : 595
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル スパースモデリングを促進する可視化基盤の強化  
カナ スパース モデリング オ ソクシンスル カシカ キバン ノ キョウカ  
ローマ字 Supāsu moderingu o sokushinsuru kashika kiban no kyōka  
別タイトル
名前 Consolidation of visualization platform toward facilitating sparse modeling  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤代, 一成  
カナ フジシロ, イッセイ  
ローマ字 Fujishiro, Issei  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00181347

名前 渡辺, 一帆  
カナ ワタナベ, カズホ  
ローマ字 Watanabe, Kazuho  
所属 豊橋技術科学大学・工学研究科・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10506744

名前 高橋, 成雄  
カナ タカハシ, シゲオ  
ローマ字 Takahashi, Shigeo  
所属 会津大学・コンピュータ理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40292619

名前 吳, 湘筠  
カナ  
ローマ字 Wu, Hsiang-Yun  
所属 ウィーン工科大学・ビジュアルコンピューティングと人間中心技術研究所・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, スパースモデリングにより抽出された高次元データの十数から数十次元の説明変数を, 可視化を用いてさらに2, 3, 4次元まで圧縮し, 所与の問題を記述する物理スペースにおけるデータの挙動を視覚的に理解させる情報スペースに変換する基盤技術を構築した。ここでは, そのデータ解析処理に対し明示的に解析者の視覚的フィードバックを取り込み, スパースモデリングに基づく高次元データの解析処理において, 人の対話処理が可能となるHuman-in-the-Loopを実現し, データ駆動科学に対し大幅な促進を図ることを目指した。
The goal of this project is to build a visualization platform for understanding the behavior of a given high-dimensional data in physical space by projecting it onto a designated information space. For this purpose, we transform relatively low-dimensional data obtained through sparse modeling to 2, 3, or 4-dimensional space where we can fully visualize the characteristics of the original high-dimensional data. The idea behind the project is to establish an interactive model called human-in-the-loop by incorporating visual feedback from the users in the analysis of high-dimensional data based on sparse modeling.
 
目次

 
キーワード
可視化  

スパースモデリング  

機械学習  

トポロジー  
NDC
 
注記
研究種目 : 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間 : 2013~2017
課題番号 : 25120014
研究分野 : 情報学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:06  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (612)
3位 ドイツのSNS対策... (435)
4位 グラウンデッド・... (434)
5位 なぜ日本ユニテリ... (420)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (2614) 1st
2位 Research on elec... (2162)
3位 新たなかたちのひ... (2010)
4位 Linguistic encod... (1974)
5位 経営者が語るアン... (1781)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース