慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24791519seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24791519seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :681.0 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1011

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1011
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 頭蓋底脊索腫の分子生物学的解析と予後因子の検討  
カナ トウガイテイ セキサクシュ ノ ブンシ セイブツガクテキ カイセキ ト ヨゴ インシ ノ ケントウ  
ローマ字 Togaitei sekisakushu no bunshi seibutsugakuteki kaiseki to yogo inshi no kento  
別タイトル
名前 Molecular risk factors of skull base chordomas  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 北村, 洋平  
カナ キタムラ, ヨウヘイ  
ローマ字 Kitamura, Yohei  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30445382
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
脊索腫は脊索の遺残組織から発生し頭蓋底に好発する難治性の腫瘍です。今回私達は比較ゲノムハイブリダイゼーション法を用いた染色体解析を行い、経過との比較を行いました。また、近年脊索腫の進行において重要な役割を果たしているとされるT遺伝子とその産物であるbrachyuryタンパク質についても調べ、経過との比較を行いました。染色体1番短腕の欠失と1番長腕, 2番短腕の過剰がある症例、brachyuryの発現のある症例、T遺伝子のコピー数増加のある症例などは、再発までの期間が短く予後が悪いことが明らかになりました。今回の結果によりbrachyuryが分子標的治療の標的として有望である事がわかりました。
Chordoma is an invasive tumor that develops from notochordal remnants and frequently occurs in skull base. T gene and its product (brachyury) have been recently suggested to play an important role in chordoma progression. We analyzed skull base chordomas for chromosomal copy number aberrations by comparative genomic hybridization, brachyury expression by immunohistochemistry, and T gene copy number by fluorescence in situ hybridization. Statistical analyses demonstrated that losses on chromosome 1p and gains on 1q, 2p, expression of brachyury, and gain of T gene were significantly associated with shorter progression free survival. Our results suggest that brachyury-negative chordomas are biologically distinct from brachyury-positive chordomas, and T/brachyury might be one of the best molecular therapeutic targets of chordoma.
 
目次

 
キーワード
頭蓋底  

脊索腫  

brachyury  

T遺伝子  

2番染色体  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24791519
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 外科系臨床医学・脳神経外科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:24  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース