慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24791175seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24791175seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :272.5 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 869

Total downloads since Dec 11, 2014 : 869
 
タイトル
タイトル 天疱瘡の新治療に向けたIgGサブクラス解析とIgG4除去療法  
カナ テンポウソウ ノ シンチリョウ ニ ムケタ IgG サブクラス カイセキ ト IgG4 ジョキョ リョウホウ  
ローマ字 Tenposo no shinchiryo ni muketa IgG sabukurasu kaiseki to IgG4 jokyo ryoho  
別タイトル
名前 IgG subclass analysis and IgG4 depletion therapy for pemphigus  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 舩越, 建  
カナ フナコシ, タケル  
ローマ字 Funakoshi, Takeru  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80365353
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
天疱瘡は表皮細胞の細胞間接着因子であるデスモグレイン(Dsg)に対する自己抗体によって生じる疾患で、自己抗体についてのさまざまな解析が進められている。われわれが行った天疱瘡におけるIgGサブクラスの解析の結果、総IgG中のIgG4の割合の増加が示され、更に抗Dsg抗体のIgG4サブクラスの上昇が確認された。また、患者血清からIgG4を除去することによる病原性の低下を、表皮細胞解離アッセイで確認した。同一患者における疾患活動性とIgG4の相関について、疾患活動期・寛解期におけるIgG4を測定し複数の患者で検討した結果、Dsg特異的IgG4濃度は活動期で明らかに高いことが分かった(p=0.04)。
Pemphigus is an autoimmune blistering disease caused by circulating antibodies against desmogleins (Dsg) which are cell-cell adhesion protein in the epidermis. We recently established anti-Dsg IgG subclass ELISA method and we showed that Dsg-specific autoantibodies are enriched in IgG4. Addition to that total serum IgG4 was enriched in patients with pemphigus. Furthermore, IgG4 depletion of pemphigus sera reduced pathogenicity in a keratinocyte dissociation assay. The median serum concentration of Dsg-specific IgG4 was significantly higher in pemphigus patients during active disease compared to patients in remission(p=0.04). Memory B cell populations were enriched for surface-IgG4 positive cells in pemphigus compared to unaffected individuals.
IgG4 could be depleted by immunoadsorption or by selective depletion of surface-IgG4 memory B cells, and which we have shown can be bound and hence potentially targeted based on surface IgG4 expression.
 
目次

 
キーワード
天疱瘡  

IgG4  

治療  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24791175
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・皮膚科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:21  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (354) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (350)
3位 越境するファシズ... (342)
4位 伊藤隆太君学位請... (337)
5位 性犯罪の保護法益... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (415) 1st
2位 新参ファンと古参... (390)
3位 アイドル文化にお... (342)
4位 Instagram解析に... (338)
5位 ジャニーズのアイ... (311)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース