慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24790362seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24790362seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :323.8 KB
Last updated :Jul 25, 2019
Downloads : 389

Total downloads since Jul 25, 2019 : 389
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 膵癌における孤在性浸潤の分子機構 : 孤在性癌細胞に発現する分子の同定および機能解析  
カナ スイガン ニ オケル コザイセイ シンジュン ノ ブンシ キコウ : コザイセイ ガンサイボウ ニ ハツゲンスル ブンシ ノ ドウテイ オヨビ キノウ カイセキ  
ローマ字 Suigan ni okeru kozaisei shinjun no bunshi kiko : kozaisei gansaibo ni hatsugensuru bunshi no dotei oyobi kino kaiseki  
別タイトル
名前 Molecular mechanism of solitary cell infiltration in pancreatic cancer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 眞杉, 洋平  
カナ マスギ, ヨウヘイ  
ローマ字 Masugi, Yohei  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90528598
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 膵癌細胞が組織内に単独で浸潤する特徴的病理像, 弧在性浸潤に注目した。この病理像が目立つ膵癌は悪性度が高いことが知られているが, その分子メカニズムは今まで不明であった。我々は膨大な遺伝子発現情報の中から, この現象のキーとなる重要分子二つ, SMAD3とIntegrin beta 4(ITGB4)が見出した。本研究の結果により, これらの分子の高発現はEMTと称される特徴的浸潤様式と強く関わること, さらにSMAD3ならびにITGB4が膵癌の新規予後予測マーカーとなることが明らかとなった。本研究成果は, 極めて高悪性度の膵癌に対する悪性度分子診断や新規治療ターゲット開拓に寄与すると期待される。
This study focuses on "Solitary cell infiltration", which is a characteristic pathological finding of pancreatic cancer cells singly infiltrating into the tissue stroma. High degree of solitary cell infiltration is known to reflect the tumor aggressiveness of pancreatic cancer. However the molecular mechanism is unclear.
Among vast number of molecules expressed in cance cells, we found the two important molecules, SMAD3 and Integrin beta 4 (ITGB4), as key player in the mechanism of solitary cell infiltration. We showed that these molecules are related to the promotion of a characteristic invasive property (EMT), and that both SMAD3 and ITGB4 are novel prognostic markers in pancreatic cancer. Our results are expected to contribute to the molecular diagnosis of tumor aggressiveness and the exploitation of novel molecular targets in clinical cancer of the pancreas.
 
目次

 
キーワード
人体病理学  

弧在性浸潤  

上皮間葉移行  

膵癌  

予後  

マイクロアレイ  

SMAD3  

ITGB4  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24790362
研究分野 : 人体病理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 25, 2019 11:26:22  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:47  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 25, 2019    著者,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (333) 1st
2位 新自由主義に抗す... (272)
3位 個人・組織両面で... (245)
4位 DAOの法的地位と... (230)
5位 「余白的コミュニ... (199)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (652) 1st
2位 戦時期マラヤ・シ... (479)
3位 Le nô Kinuta, l... (420)
4位 大義ある未来 : ... (373)
5位 江藤名保子君学位... (345)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース