慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24760502seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24760502seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :117.3 KB
Last updated :Apr 20, 2022
Downloads : 450

Total downloads since Apr 20, 2022 : 450
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 居住エリアにおける持続的なタイポ・モルフォロジー : 東京とマドリッドの比較研究  
カナ キョジュウ エリア ニ オケル ジゾクテキナ タイポ・モルフォロジー : トウキョウ ト マドリッド ノ ヒカク ケンキュウ  
ローマ字 Kyoju eria ni okeru jizokuteki na taipo moruforoji : Tokyo to Madoriddo no hikaku kenkyu  
別タイトル
名前 Sustainable Typo-morphology for residential areas: a comparative study between Tokyo and Madrid  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Almazan caballero, Jorge  
カナ アルマザン カバジェーロ, ホルヘ  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80555102
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は東京とマドリッドにおける住宅を比較することにより住宅のタイポ・モルフォロジーと公共空間の賑わいの関係性について検討した。東京では高層建築地域及び低密戸建住宅地域、マドリッドでは郊外の中層ブロック地域を対象に調査を行った。研究結果より高層建築では人口密度を上昇されるにも関わらず都市の賑わいに貢献しないこと、低層地域では明確に賑わいを生み出すが今後のコンパクトシティーへの考慮が必要であること、中層地域では人口を上昇させるが賑わいをもたらす地上レベルのインターフェイスのデザインが欠如していことるが明らかになった。本研究は自然発生的都市の賑わいを生むインターフェイスのデザイン例も含む。
By comparing cases of residential areas in Madrid and Tokyo we address the relationship between several residential typo-morphologies and public space vitality. In Tokyo we examined cases of high-rise areas, and dense low-rise areas of detached houses. In Madrid we examined the medium-rise perimeter block suburban ensanches (meaning "city extensions"). As a conclusion we observed that the high-rise cases examined do not seem to contribute to urban liveliness compared to adjacent public spaces. Low-rise areas create a more clear sense of liveliness but they need to be reconsidered in the light of the need for higher population densities. The medium-rise scale found in Madrid increases density, but it lacks the architectural interface design at the street level to support liveliness. This research includes samples of designs that attend to these interfaces and can be considered as examples that enable the natural emergence of public life on the streets.
 
目次

 
キーワード
建築設計  

都市設計  

公共空間  

タイポ・モルフォロジー  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24760502
研究分野 : 工学
科研費の分科・細目 : 建築学、建築設計、都市設計
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 20, 2022 16:39:44  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 20, 2022    著者 名前,著者 カナ,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース