慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24710293seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24710293seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :190.5 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 300

Total downloads since Jul 29, 2019 : 300
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 東アジアにおける中国の西北開発と地域概念の変容  
カナ ヒガシアジア ニ オケル チュウゴク ノ セイホク カイハツ ト チイキ ガイネン ノ ヘンヨウ  
ローマ字 Higashiajia ni okeru Chugoku no seihoku kaihatsu to chiiki gainen no henyo  
別タイトル
名前 Chinese development of northwest land and the change of a cosept of area in East Asia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 島田, 美和  
カナ シマダ, ミワ  
ローマ字 Shimada, Miwa  
所属 慶應義塾大学・総合政策学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60580157
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
1930, 40年代の中国の辺疆政策の特質について以下の3つの成果がみられた。①内モンゴルをめぐる内政と外政の関係において, 蒋介石, 閻錫山, 傅作義の対蒙政策はそれぞれ異なり, その背景にはそれぞれの1935年秋以降の中国の外交問題と内政問題への認識の異同が存在していた。②辺疆政策の一環として行われた西北開発においては, 中央政府, 地方政府, 知識人, 慈善事業家などが, 満州事変以降の日中関係の変化から, 国防の最前線地である内モンゴル西部を西北開発地域と位置付け, 西北開発と中国の領土認識が結びつけられた。③戦時においては, 国民政府の辺疆政策に対して, 知識人の関与があり, 中国社会からも強い反応がみられた。
My study results concerned about the characteristics of frontier policies by Chinese government in the 1930's to 1940's. Firstly, with regard to relationship between the domestic policy and the diplomatic policy, Jiang jieshi, Yan xishan and Fu zuoyi their each policy toward Mongolia was quite different . Secondly, in the development of Northwest land as a frontier policy the central government, the local government, intellectual elites and philanthropists regarded the west of Inner Mongolia where was the front line of national defense as a development area in the North west of China due to the change of the relationship between Japan and China, as a result the development of Northwest land was associated with territorial recognition. Finally, during the war time intellectual elites were involved with a large part of the frontier policies by the Nationalist China, at the same time Chinese societies also had a powerful response to them.
 
目次

 
キーワード
西北開発  

内モンゴル  

辺疆政策  

国民政府  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24710293
研究分野 : 地域研究
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 10:32:13  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 29, 2019    著者,抄録 内容,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース