慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24659657seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24659657seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :176.2 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 618

Total downloads since Apr 11, 2016 : 618
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脳腫瘍幹細胞抗原および微小環境を標的とした複合的免疫療法の開発  
カナ ノウシュヨウ カンサイボウ コウゲン オヨビ ビショウ カンキョウ オ ヒョウテキ ト シタ フクゴウテキ メンエキ リョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Noshuyo kansaibo kogen oyobi bisho kankyo o hyoteki to shita fukugoteki meneki ryoho no kaihatsu  
別タイトル
名前 Immunotherapy targeting brain tumor stem cell antigen and niche  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 戸田, 正博  
カナ トダ, マサヒロ  
ローマ字 Toda, Masahiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20217508

名前 植田, 良  
カナ ウエダ, リョウ  
ローマ字 Ueda, Ryo  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30317143
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, グリオーマ細胞, 脳腫瘍幹細胞, およびグリオーマ組織において, 免疫抑制性のVEGF/VEGFR系が高発現していることを明らかにした。また, 再発悪性神経膠腫8症例に対してVEGFR1/2ペプチドワクチン療法を施行し, 重篤な有害事象なく2例の不変(stable disease : SD)が得られた。投与前後のVEGFR特異的T細胞(CTL)の解析(6症例)を行った結果, ワクチン後にVEGFR1特異的CTLが6例中6例, VEGFR2特異的CTLが6例中2例で誘導された。以上からVEGF阻害(腫瘍免疫抑制の制御および腫瘍血管新生抑制)による新たな免疫療法の有効性が示唆された。
In this study, we demonstrated that glioma cells and brain tumor stem cells (BTSCs) expressed highly VEGF (vascular endothelial growth factor) and VEGFR (vascular endothelial growth factor receptor) in vitro. Furthermore, VEGFR was shown to express highly within malignant glioma tissues compared with surrounding brain tissue. In a clinical study, we performed a novel immunotherapy using VEGFR1/VEGFR2 peptides in 8 patients with recurrent malignant glioma and analyzed the cytotoxic T lymphocytes (CTLs) specific to VEGFR1/VEGFR2. After the vaccination with VEGFR1/VEGFR2, CTLs specific to VEGFR1 were induced in 6 out of 6 patients analyzed and CTLs specific to VEGFR2 in 2 out of 6 patients. These results suggest that an immunotherapy using VEGFR1/2 peptides to inhibit the VEGF/VEGFR signal may be effective for the treatment of malignant glioma.
 
目次

 
キーワード
腫瘍幹細胞  

免疫療法  

微小環境  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24659657
研究分野 : 脳神経外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:42:46  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース