慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24659292seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24659292seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :371.2 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 1617

Total downloads since Apr 11, 2016 : 1617
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 気象変化による片頭痛発作発症・増悪の要因と対策  
カナ キショウ ヘンカ ニ ヨル ヘンズツウ ホッサ ハツショウ・ゾウアク ノ ヨウイン ト タイサク  
ローマ字 Kisho henka ni yoru henzutsu hossa hatsusho zoaku no yoin to taisaku  
別タイトル
名前 Weather changes and Migraine attacks: relationship, mechanism and strategy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岩下, 達雄  
カナ イワシタ, タツオ  
ローマ字 Iwashita, Tatsuo  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師(非常勤)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30449011
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
片頭痛発作と気象との関係について個々の臨床・気象データを検討したところ, 片頭痛発作は低気圧の接近前後に起こる傾向があり, 気圧変化との関連が示唆された。天気が悪くなると頭痛が起こるなど, 片頭痛患者の間で感覚的に語られていたことと同様の傾向であった。また, 片頭痛の病態解明を目的とした研究で, 脳硬膜に侵害刺激を加えると, 三叉神経節でERKリン酸化が起こること, 皮質拡延性抑制(cortical spreading depression : CSD)は三叉神経節においてERKリン酸化を誘発させることを明らかにした。これらの結果は, CSDと三叉神経血管系の活性化との関係に重要な知見を提示するものと考えられた。
Migraineurs frequently report that their attacks may be precipitated by "triggers." Many migraineurs thought that weather and barometric changes triggered their migraine attacks. We evaluated relationship between barometric change and clinical records of headache attacks. Results of our study suggest that barometric changes may contribute to onset of migraine attacks. In this study, we investigated the response in the dura mater to nociceptive stimulation. We also examined the level of ERK phosphorylation in the trigeminal ganglion following cortical spreading depression (CSD), which is thought to play an important role in migraine pathophysiology. These results indicate that CSD can activate dural TRPV1 to send nociceptive signals to the trigeminal system, and they provide important clues regarding the relationship between CSD and the trigeminovascular system.
 
目次

 
キーワード
片頭痛  

三叉神経節  

CSD  

気象病  

頭痛  

気圧変化  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24659292
研究分野 : 神経内科, 頭痛, 認知症
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:42:46  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース