慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24655160seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24655160seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :335.4 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 303

Total downloads since Apr 11, 2016 : 303
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 超好熱性酵素の活性部位を利用した熱駆動型反応の実現  
カナ チョウコウネツセイ コウソ ノ カッセイ ブイ オ リヨウシタ ネツ クドウガタ ハンノウ ノ ジツゲン  
ローマ字 Chokonetsusei koso no kassei bui o riyoshita netsu kudogata hanno no jitsugen  
別タイトル
名前 Thermally driven asymmetric reaction using a chiral space of a thermostable esterase  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮本, 憲二  
カナ ミヤモト, ケンジ  
ローマ字 Miyamoto, Kenji  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60360111

名前 吉田, 昭介  
カナ ヨシダ, ショウスケ  
ローマ字 Yoshida, Shosuke  
所属 京都大学・工学(系)研究科・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80610766
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究課題では, 超好熱性酵素の活性部位を「熱に強い不斉な空間」ととらえる。そして, 本来その酵素の基質ではないが, 活性部位に結合する様な化合物をデザインし, 不斉空間を反応場として様々な熱駆動型反応を実現することを目的とした。
基質としてアリールメチルマロン酸モノエステルを選択し, 加水分解活性の消失した変異体エステラーゼを作用させた。そして, 熱駆動型反応を行ったところ, 目的とするエステルが得られ, その光学純度も高いものであった。更に, この変異体を用いてアリールマロン酸に作用させたところ, 不斉脱炭酸反応が起こることを確認した。この様に当初目的としていた熱駆動型反応を達成することができた。
In this study, the active site of the hyperthermophilic enzyme is used as "a heat resistant chiral space". We designed a compound which was not originally a substrate of the enzyme, but was binded to the active site. We aimed to achieve a variety of thermally driven asymmetric reactions using a heat resistant chiral space.
Arylmethylmalonic acid monoester was selected as a substrate, and the mutant esterase to which the hydrolyzing activity disappeared was used. Under high temperature conditions, the aimed ester was obtained, and the optical purity was also high. In addition, it was confirmed that the asymmetric decarboxylation occurred when this mutant was act on prochiral arylmechylmalonic acid. We have been succeeded in developing thermally driven asymmetric reactions.
 
目次

 
キーワード
熱駆動型反応  

好熱性エステラーゼ  

脱炭酸反応  

変異酵素  

ドミノ型反応  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24655160
研究分野 : 酵素工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:42:45  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:45  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース