慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24650449seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24650449seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :799.1 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 403

Total downloads since Apr 11, 2016 : 403
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 若齢期における食育および体育のレガシー効果と肥満および運動記憶因子の探索  
カナ ジャクレイキ ニ オケル ショクイク オヨビ タイイク ノ レガシー コウカ ト ヒマン オヨビ ウンドウ キオク インシ ノ タンサク  
ローマ字 Jakureiki ni okeru shokuiku oyobi taiiku no regashi koka to himan oyobi undo kioku inshi no tansaku  
別タイトル
名前 Research for the legacy effect of dietary and physical educations and the factor of memories of obesity and exercise in childhood  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 木村, 真規  
カナ キムラ, マサキ  
ローマ字 Kimura, Masaki  
所属 慶應義塾大学・薬学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40383666
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では若齢期の食および運動習慣が成熟期の骨格筋・肝臓・脂肪組織の遺伝子発現に及ぼすレガシー(遺産, 長期的)効果について, マウスを用いた検討を行った。本研究の結果から, 若齢期の高脂肪食摂取や自発走運動の経験は, たとえ成熟期に同様の食・生活環境および体重であっても, 骨格筋・肝臓・脂肪組織の遺伝子発現にレガシー効果を生じる可能性が示唆された。また一部の遺伝子発現においては, 自発走運動経験によるレガシー効果にプロモーター領域のDNAメチル化によるエピジェネティックな機序が関与している可能性が示唆された。
The purpose of this study was to examine the legacy effect of food intake and exercise in childhood on the gene expression profiles of skeletal muscle, liver, and fat tissue in adulthood by using mice.
Our results suggested that the high fat diet and exercise in childhood might produce the legacy effect on the gene expression profiles of skeletal muscle, liver, and fat tissue in Adulthood even though the mice have almost same body weight and life style. And some of the gene expressions in adulthood also have the epigenetics changes produced by DNA methylation on the promoter regions after exercise in childhood.
 
目次

 
キーワード
レガシー効果  

運動  

高脂肪食  

網羅的遺伝子発現  

脂肪  

骨格筋  

肝臓  

エピジェネティクス  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24650449
研究分野 : 生理学, 運動生理学, 病態生理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:42:45  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:45  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (502) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (392)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (379)
4位 認知文法から考え... (362)
5位 M&Aにおける... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (360)
4位 新自由主義に抗す... (264)
5位 日本における美容... (248)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース