慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24591850seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24591850seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :279.6 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 498

Total downloads since Apr 11, 2016 : 498
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル PI3K/Akt/mTOR経路を標的とする放射線増感剤の開発 : 胃癌細胞での検討  
カナ PI3K/Akt/mTOR ケイロ オ ヒョウテキ ト スル ホウシャセン ゾウカンザイ ノ カイハツ : イガン サイボウ デノ ケントウ  
ローマ字 PI3K / Akt / mTOR keiro o hyoteki to suru hoshasen zokanzai no kaihatsu : igan saibo deno kento  
別タイトル
名前 Radiosensitization in gastric cancer cell lines using different PI3K/AKT/mTOR inhibitors  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 茂松, 直之  
カナ シゲマツ, ナオユキ  
ローマ字 Shigematsu, Naoyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30178868

名前 深田, 淳一  
カナ フカダ, ジュンイチ  
ローマ字 Fukada, Junichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50338159

名前 西村, 修一  
カナ ニシムラ, シュウイチ  
ローマ字 Nishimura, Shuichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40571138
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
進行胃癌の治療成績は未だ十分といえず, 集学的治療の充実が望まれる。PI3K/AKT/mTOR シグナル経路は様々な成長因子の受容体により活性化され細胞増殖に関与する。胃癌培養細胞に対しPI3K/AKT/mTOR経路の阻害剤投与, 放射線照射, 照射と薬剤投与併用を行い, 細胞生存率, アポトーシスの比率, 細胞周期の変化について測定し, 有効な放射線増感剤を探索した。
薬剤と照射同時投与を行うことで最も高い殺細胞効果が得られ, アポトーシスも多く観察された。細胞周期の検討では, NVP-BEZ235と照射の同時併用においてのみG2/M期とG1期の比が上昇しており, 有効な放射線増感剤と考えられた。
Treatment of gastric cancer in advanced stages is still challenging. More effective anti-tumor radiosensitizing drug is desired to manage systemic disease. PI3K/AKT/ mTOR pathway is one of the important signal cascades which are activated by various growth factor receptors. We selected three PI3K/AKT/ mTOR pathway inhibitors. Treatment effectiveness is assessed by irradiation, drug exposure alone and combination of irradiation and drug in human gastric cell lines. Cell survival was evaluated with colony formation. Apoptosis was evaluated with flow cytometric analyses using AnnexinV-FITC/PI stain. Cell cycle distribution was evaluated using flow cytometric analyses. Concurrent exposure showed larger cytotoxic effect and higher apoptotic rate than the other exposure. The G2/G1 ratio was exclusively increased by concurrent exposure with irradiation and NVP-BEZ235 after 48-hours. NVP-BEZ235 seems to be a promising radiosensitizing drug in terms of arresting cell cycle in G2/M phase.
 
目次

 
キーワード
放射線治療  

放射線生物学  

放射線増感剤  

胃癌  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24591850
研究分野 : 医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:54  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (422) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (420)
3位 ネットワークにつ... (406)
4位 実践的推論の合理... (403)
5位 攻撃衝動の体系的... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1555) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (633)
4位 ドイツのSNS対策... (584)
5位 アセトアニリドの... (497)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース