慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24591610seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24591610seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :225.2 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 440

Total downloads since Apr 11, 2016 : 440
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 子宮内劣悪環境に起因する尿細管機能障害の検討  
カナ シキュウナイ レツアク カンキョウ ニ キインスル ニョウサイカン キノウ ショウガイ ノ ケントウ  
ローマ字 Shikyunai retsuaku kankyo ni kiinsuru nyosaikan kino shogai no kento  
別タイトル
名前 Unsuitable in-utero environment decrease renal tubular function of fetus.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 飛彈, 麻里子  
カナ ヒダ, マリコ  
ローマ字 Hida, Mariko  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20276306

名前 粟津, 緑  
カナ アワズ, ミドリ  
ローマ字 Awazu, Midori  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20129315
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
超低出生体重児53名の25.5%に糸球体障害を, 82.6%に尿細管障害を認め, 出生体重との相関を確認した。続いて母胎低栄養ラット(NR)胎仔後腎において尿管芽分枝と糸球体数の減少を, その原因として尿管芽分枝に関与する遺伝子のメチル化の変化を認めた。さらに成熟後のNRラット仔が, 片側尿管結紮により尿細管壊死を伴う腎障害を呈すことを確認した。
子宮内劣悪環境を経た超低出生体重児の腎機能障害, 特に尿細管障害についての報告は少なく, 本成果はその原因が胎児プログラミングにあり, また成長後の二次的侵襲の影響もより強く受けることを示した。今後, 新生児医療において腎機能障害に着目したフォローアップが必要である。
The number of low birth weight babies, products of intra uterine growth retardation (IUGR), is increasing in Japan. Those IUGR survivors are known to develop metabolic syndrome in adult life due to probable reduced kidney function. We studied glomerular and tubular function of 53 extremely low birth weight subjects (ELBW). Twenty five percent of subjects had glomerular dysfunction and eighty three percent of them had tubular dysfunction. We showed that maternal nutritional restriction, NR, leads to reduced ureteric branching resulted in low nephron number of rat embryos. In those embryos, DNA methylation of genes involved in ureteric branching has been changed, which may contribute to reduced nephron number and transgenerational transmission. Further, we found the kidney of offsprings from NR rats were more susceptible to ischemia and fibrosis secondary to unilateral ureteral obstruction. The results have pointed out necessity of careful follow-up of kidney function for those premies.
 
目次

 
キーワード
胎児プログラミング  

子宮内胎児発育遅滞  

oligomeganephronia  

生活習慣病  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24591610
研究分野 : 胎児, 新生児学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:54  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース