慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24591609seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24591609seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :88.7 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 280

Total downloads since Jan 6, 2017 : 280
 
タイトル
タイトル 非侵襲的脳機能測定法を用いた脳室周囲白質軟化症における認知・発達メカニズムの解明  
カナ ヒシンシュウテキ ノウ キノウ ソクテイホウ オ モチイタ ノウシツ シュウイ ハクシツ ナンカショウ ニ オケル ニンチ・ハッタツ メカニズム ノ カイメイ  
ローマ字 Hishinshuteki no kino sokuteiho o mochiita noshitsu shui hakushitsu nankasho ni okeru ninchi hattatsu mekanizumu no kaimei  
別タイトル
名前 Investigation of the mechanism for recognition and development in periventricular leukomalacia using noninvasive measurement of brain function  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 有光, 威志  
カナ アリミツ, タケシ  
ローマ字 Arimitsu, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60383840

名前 皆川, 泰代  
カナ ミナガワ, ヤスヨ  
ローマ字 Minagawa, Yasuyo  
所属 慶應義塾大学・文学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90521732
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
これまでの研究から, 非嚢胞性脳室周囲白質軟化症では, 高次脳機能障害を呈することが報告されている。本研究は, 71名の早産児を対象とし, 近赤外分光法を用いて音声誘発脳反応を調べた。早産児は音韻・抑揚刺激に対するヘモグロビン(Hb)変化パターンが正期産児と異なり, また, 音韻・抑揚の処理で大脳半球の優位性を示さなかった。修正週数が進むと非典型的なHb変化パターンは減少し, 抑揚刺激に対して正期産児同様に右大脳半球優位な脳活動を示した。本研究は, 早産児の音韻・抑揚刺激に対する脳活動は正期産児と異なるが, 分娩予定日までに発達し, 正期産児と同等になることを示した。
Previous work has demonstrated higher brain dysfunction in infants with periventricular leukomalacia. The present study examined the hemodynamic response of the brain to speech stimulation, imaged using near-infrared spectroscopy in 71 preterm infants. The preterm infants showed a different time course of hemoglobin change in response to phonemic or prosodic contrasts and did not demonstrate functional hemispheric specialization during speech stimulation. At a later corrected gestational age, the proportion of atypical hemoglobin change patterns decreased, and a right-dominant functional laterality, similar to that in term infants, was demonstrated. The findings of this study indicate differences between the functional system for phonemic and prosodic processing in preterm and term infants. However, that system develops and catches up by the preterm infants' projected due dates.
 
目次

 
キーワード
脳・神経  

近赤外分光法  

小児医学  

新生児医学  

脳神経疾患  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2012~2015
課題番号 : 24591609
研究分野 : 胎児・新生児医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:23  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース