慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24591488seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24591488seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :99.0 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 722

Total downloads since Apr 11, 2016 : 722
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 重症感染症におけるPGD2/CRTH2を介する免疫機構の解明  
カナ ジュウショウ カンセンショウ ニ オケル PGD2/CRTH2 オ カイスル メンエキ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Jusho kansensho ni okeru PGD2/CRTH2 o kaisuru meneki kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Investigation of immune mechanism of PGD2/CRTH2 in severe infectious diseases  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石井, 誠  
カナ イシイ, マコト  
ローマ字 Ishii, Makoto  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30317333

名前 藤猪, 英樹  
カナ フジイ, ヒデキ  
ローマ字 Fujii, Hideki  
所属 琉球大学・医学研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50356250
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
敗血症におけるCRTH2の役割を検討した。CRTH2ノックアウト(-/-)マウスは, 敗血症において生存率が上昇し, 腹腔内の細菌数は有意に減少した。CRTH2-/-マウスは, 腹腔内のCXCR2陽性の好中球が増加した。好中球マーカーであるGr-1の抗体や, CXCR2抗体の投与実験の結果, CRTH2-/-マウスの保護的効果の機序にCXCR2陽性の好中球の腹腔内への集積が寄与していた。感染2時間後の末梢好中球のCXCR2プロモーター領域のヒストンH3のアセチル化は, 野生型では低下するが, CRTH2-/-マウスでは低下せず, CXCR2の発現はエピジェネティック制御を受けることが示唆された。
We evaluated the role of CRTH2 using a mice model of polymicrobial sepsis. CRTH2 knockout (-/-) mice were highly resistant to sepis and peritoneal bacterilal load in CRTH2-/- mice was significantly lower as compared to that in wild-type mice.Pharmacological inhibition of Gr-1, a neutrophil marker, and CXCR2 attenuated the protective effects aganist sepsis in CRTH2-/- mice, indicating that CXCR2-expressing neutrophils play protective roles in CRTH2-/- mice in this sepsis model. Moreover, acetylation of histone H3 at CXCR2 promoter in perippheral neutrophils was reduced 2 h after the surgery in wild-type neutrophils, while that in CRTH2-/- mice was not reduced 2 h after the surgery, suggesting that CXCR2 expression is regulated by epigenetic change.
 
目次

 
キーワード
CRtH2  

敗血症  

エピジェネティクス  

プロスタグランジンD2  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24591488
研究分野 : 感染免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:54  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース