慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24590898seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24590898seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :241.8 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 724

Total downloads since Apr 11, 2016 : 724
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 老化および老年病の発症と末梢血テロメア長の関連についての包括的疫学研究  
カナ ロウカ オヨビ ロウネンビョウ ノ ハツショウ ト マッショウケツ テロメアチョウ ノ カンレン ニ ツイテ ノ ホウカツテキ エキガク ケンキュウ  
ローマ字 Roka oyobi ronenbyo no hatsusho to masshoketsu teromeacho no kanren ni tsuite no hokatsuteki ekigaku kenkyu  
別タイトル
名前 Relatihonship between aging, age-related diseases, and leukocyte telomere length in the oldest old  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新井, 康通  
カナ アライ, ヤスミチ  
ローマ字 Arai, Yasumichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20255467

名前 広瀬, 信義  
カナ ヒロセ, ノブヨシ  
ローマ字 Hirose, Nobuyoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・特別招聘教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90142421

名前 Thomas, von Zglinicki  
カナ  
ローマ字  
所属 Institute of Ageing and Health, Newcastle University  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 :

名前 高山, 美智代  
カナ タカヤマ, ミチヨ  
ローマ字 Takayama, Michiyo  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60265824
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
細胞老化の指標であるテロメア長は加齢とともに短縮し, 心血管死, 感染症死など老化関連疾患と関連する。しかし, これまで健康長寿者におけるテロメア長の報告はきわめて限られていた。本研究では100歳以上の健康長寿者684名, 85-99歳536名, 百寿者の子供とその配偶者167組のテロメア長を測定し, 60-90歳代までは加齢とともにテロメア長が短縮するが, 百歳以降ではテロメアの短縮が起こらず, さらに105歳以上ではテロメアが長い傾向があることを見出した。また, テロメア超は免疫老化の指標であるCD28陽性率と相関した。つまり, テロメア短縮と免疫老化が起こりにくいことが健康長寿者の特徴である可能性を示した。
Leukocyte telomere length (LTL) is an emerging biomarker of aging, and associated with death from cardiovascular and infectious disease. Litte is known about LTL in centenarians. In this study, we measured LTL from 684 centenarians and 167 pairs of their offspring, 536 non-centenarian individual aged between 85-99 years old. we found that LTL actually decreased with age until late 90's, however, centenarians and especially semi-supercentenarians (individuals aged 105 years or older) exhibited longer LTL than expected for their ages. Moreover, centenarians' offspring maintained their LTL compared to non-centenarians. Decrease in percentage of CD28 lymphocyes is known to be associated with age-related decline in immune system (immmunesenescence). Interestingly, LTL in semi-supercentenarians were significantly correlated with CD28(+) lyphocytes. These resluts suggested that maintenance of LTL and immune competence could be hallmark of healthy longevity in humans.
 
目次

 
キーワード
テロメア長  

百寿者  

老年病  

免疫老化  

慢性炎症  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C) (一般)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24590898
研究分野 : 加齢医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:53  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:53  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース