慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24530652seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24530652seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :106.3 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 317

Total downloads since Apr 11, 2016 : 317
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ライフコース・イベントと階層格差  
カナ ライフコース・イベント ト カイソウ カクサ  
ローマ字 Raifukosu ibento to kaiso kakusa  
別タイトル
名前 Lifecourse events, stratification and disparities  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鹿又, 伸夫  
カナ カノマタ, ノブオ  
ローマ字 Kanomata, Nobuo  
所属 慶應義塾大学・文学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30204598
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
各人の経済状態と, ライフコースイベントの結果としての婚姻状況・家族形態との関連を2つの側面から検討した。第1の側面では, 貧困リスクに対する婚姻状況・家族類型の影響に焦点をあてた。その結果, これらの影響は就労職業の影響よりも小さかったが, 無視できないものだった。とくに女性の貧困リスクは, 家族内の相互扶助関係に左右されていた。第2の側面では, 無配偶者に較べて, 有配偶者の就業所得が高くなる結婚プレミアムと, 低くなる結婚ペナルティに焦点をあてた。その結果, 男性にプレミアム, 女性にペナルティが確認され, これらの現象に階層的地位そしてその稼得力を考慮した配偶者選択が関わっていることを示した。
This study examines two aspects of association between one's state of means and marital status/family type which are the results of life-course event. The first aspect focuses the influence of marital status and family type on poverty risk. The results show that the effects of these factors on the risk are not as strong as those of employment, but are not negligible. The gaps of risk by family type between stages of aging suggest both rise and reduction in risk are dependent on mutual help within a family. The risk of women are more sensitive to the mutual help. The second focuses marriage premium and penalty. After controlling the effects of other variables, both the premium in which wages of married men are higher and the penalty in which wages of married women are lower, comparing with non-married are confirmed. The findings suggest that selection of spouse considering on status and its economic capability is concerned as a factor which brings about marriage premium and penalty.
 
目次

 
キーワード
階層格差  

ライフコース・イベント  

貧困リスク  

結婚プレミアム  

結婚ペナルティ  

配偶者選択  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24530652
研究分野 : 社会学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:58:18  
作成日
Apr 11, 2016 09:58:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース