慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24380072seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24380072seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :170.2 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 727

Total downloads since Apr 11, 2016 : 727
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸内共生細菌が有する免疫修飾因子の解析  
カナ チョウナイ キョウセイ サイキン ガ ユウスル メンエキ シュウショク インシ ノ カイセキ  
ローマ字 Chonai kyosei saikin ga yusuru meneki shushoku inshi no kaiseki  
別タイトル
名前 Exploring the gut microbiota-derived immunomodulation factors  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 福田, 真嗣  
カナ フクダ, シンジ  
ローマ字 Fukuda, Shinji  
所属 慶應義塾大学・政策・メディア研究科・特任准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80435677

名前 長谷, 耕二  
カナ ハセ, コウジ  
ローマ字 Hase, Koji  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20359714
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
腸内細菌叢と宿主粘膜免疫系に関連する近年の報告から, 主要な腸内細菌群の一つであるクロストリジウム目細菌群が, アレルギーや炎症性腸疾患などの抑制に重要な役割を担う制御性T細胞(Treg細胞)の分化・誘導を促すことが報告されたが, その分子機構は不明であった。そこでクロストリジウム目細菌群定着マウスに, 高繊維食または低繊維食を与えることで腸内環境に摂動を与え, その変化を統合オミクスにより解析した。その結果, 腸管内でクロストリジウム目細菌群が食物繊維の発酵代謝により産生する酪酸が, 大腸粘膜におけるナイーブT細胞からのTreg細胞への分化をエピジェネティックに誘導することを明らかにした。
Gut commensal microbes shape the mucosal immune system by regulating the differentiation and expansion of several types of T cell. Clostridia, a dominant class of commensal microbe, can induce colonic regulatory T (Treg) cells, which have a central role in the suppression of inflammatory and allergic responses. However, the molecular mechanisms by which commensal microbes induce colonic Treg cells have been unclear. We show that a large bowel microbial fermentation product, butyrate, induces the differentiation of colonic Treg cells in mice. An integrated omics approach identified gut microbiota-derived butyrate epigenetically induced the differentiation of Treg cells in vitro and in vivo, and ameliorated the development of colitis in mice. Our findings provide new insight into the mechanisms by which host– microbe interactions establish immunological homeostasis in the gut.
 
目次

 
キーワード
メタボロミクス  

統合オミクス  

腸内細菌  

腸内代謝産物  

短鎖脂肪酸  

酪酸  

炎症  

制御性T細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24380072
研究分野 : 腸内環境システム学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 02, 2017 10:39:39  
作成日
Apr 11, 2016 10:29:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 2, 2017    概要, フリーキーワード, 抄録, 著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (422) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (420)
3位 ネットワークにつ... (406)
4位 実践的推論の合理... (403)
5位 攻撃衝動の体系的... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1555) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (633)
4位 ドイツのSNS対策... (584)
5位 アセトアニリドの... (497)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース