慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24000002seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24000002seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :554.4 KB
Last updated :May 11, 2020
Downloads : 401

Total downloads since May 11, 2020 : 401
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 政権交代期における政治意識の全国的・時系列的調査研究  
カナ セイケン コウタイキ ニ オケル セイジ イシキ ノ ゼンコクテキ・ジケイレツテキ チョウサ ケンキュウ  
ローマ字 Seiken kotaiki ni okeru seiji ishiki no zenkokuteki jikeiretsuteki chosa kenkyu  
別タイトル
名前 Japanese electoral studies 2012-2016  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小林, 良彰  
カナ コバヤシ, ヨシアキ  
ローマ字 Kobayashi, Yoshiaki  
所属 慶應義塾大学・法学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40153655

名前 平野, 浩  
カナ ヒラノ, ヒロシ  
ローマ字 Hirano, Hiroshi  
所属 学習院大学・法学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90222249

名前 谷口, 将紀  
カナ タニグチ, マサキ  
ローマ字 Taniguchi, Masaki  
所属 東京大学・大学院法学政治学研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60251435

名前 山田, 真裕  
カナ ヤマダ, マサヒロ  
ローマ字 Yamada, Masahiro  
所属 関西学院大学・法学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40260468

名前 名取, 良太  
カナ ナトリ, リョウタ  
ローマ字 Natori, Ryota  
所属 関西大学・総合情報学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60330172

名前 飯田, 健  
カナ イイダ, タケシ  
ローマ字 Iida, Takeshi  
所属 同志社大学・法学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50468873

名前 尾野, 嘉邦  
カナ オノ, ヨシクニ  
ローマ字 Ono, Yoshikuni  
所属 東北大学・大学院法学研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70598664

名前 Mcelwain, Kenneth  
カナ マッケルウェイン, ケネス  
ローマ字  
所属 東京大学・社会科学研究所・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80768896

名前 松林, 哲也  
カナ マツバヤシ, テツヤ  
ローマ字 Matsubayashi, Tetsuya  
所属 大阪大学・大学院国際公共政策研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40721949

名前 築山, 宏樹  
カナ ツキヤマ, ヒロキ  
ローマ字 Tsukiyama, Hiroki  
所属 日本学術振興会・特別研究員PD; 東京大学・大学院法学政治学研究科  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60800480
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 18回(全国調査14回, 自治体調査3回, 国際比較調査1 回)にわたって実施し, 下記の新たな知見を得た。(1) 投票行動研究から民主主義研究への進化 (2) 日米韓における代議制民主主義の分析を通した比較政治学 (3) 日本の地方自治体レベルにおける代議制民主主義の分析 (4) 政治意識の形成と変容の解明 (5) マルチメソッド比較による新しい調査方法の確立 (6) 政治関連データベースの構築。これらを通して, 海外の研究機関から申し入れを受け, 代議制民主主義に関する国際共同研究拠点を構築した。
This research project has already conducted 18 surveys (14 Japanese national surveys, 3 Japanese local surveys, 1 international comparative survey) in 3 years since its start year beyond our first plan of conducting 8 surveys in 5 years. It could cover all the three national elections during the project and collect precious opinion poll data. We have produces the following New Knowledge and Academic Impact in Political Science.
(1) From Voting Behavior Studies to Democracy Studies : Multiple Data Analysis
While previous election studies have treated voting behavior as an explained variable and analyzed voters' opinions only by using opinion poll data, this study widened the focus to the functions of representative democracy combining the survey data with election bulletin data and congressional records data. As a result, we contributed to develop the conventional election studies into a study of representative democracy.
(2) Comparative Politics of Representative Democracy in Japan, the U.S. and South Korea : From External Comparison to Substantive Comparison
The problems on the functions of representative democracy are not peculiar to Japan. Having conducted similar analyses in the U.S. and South Korea, we found that there are similar problems in those countries. Particularly, South Korea showed more differences between election bulletin and congressional behavior than Japan does so. Also, when we compare the results in the three countries, we found that each country has a different characteristic on the functions of representative democracy.
(3) The Analysis of Representative Democracy at Local Government in Japan
Because voters' opinions are shaped not only at national level but also at local level, we expanded our scope of research from national level to local level. Particularly, we analyzed the congruency between congress people's manifestos and approvals toward ordinances in local government which satisfies specific conditions such as whether it implements a manifesto system and publicizes congressional records in preliminary and committees.
(4) Formation and Transformation of Political Attitudes
This project inherits the foundation of 40 years long national and time-series study of voting behavior in Japan, and attempts to clarify the formation and transformation of political attitudes. Through the above analyses, the number of academic presentations, articles, and books on voting behavior in total has gradually increased since 2011 when we first launched the project. Specifically, the number of presentations grew by 383 %, articles by 118%, and whole works (including books) by 218% since 2011.
(5) Establishment of New Research Method by Multimethod Comparison
Specifically, we compared the results of political support and satisfaction and reexamined the differences, if any, by separating each sample by social attributes such as gender, age, and the size of city so that we could find any bias in different survey methods. As a result, we found that, compared to the interview, the mailing has the largest bias in public opinion and social attributes, while the Internet had a smaller bias and only showed a little bit lower political satisfaction. Meanwhile, to examine a bias in "self-selection," we estimated a bias in political consciousness within the segments of several social attributes.
(6) Construction of Database
We installed our data including election bulletin data, congressional records data, and election outcomes data by cities in XML files and created a system in which one can access the data in seven languages (Japanese, English, Chinese, Korean, Russian, Indonesian, and Malay). In doing so, we succeeded in receiving several offers from research institutions abroad and constructing an international network of joint research.
 
目次

 
キーワード
選挙研究  

代議制民主主義  

政権交代  
NDC
 
注記
研究種目 : 特別推進研究
研究期間 : 2012~2016
課題番号 : 24000002
研究分野 : 政治学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 11, 2020 11:15:19  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 11, 2020    著者,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース