慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23790875seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23790875seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :431.6 KB
Last updated :Oct 31, 2013
Downloads : 1503

Total downloads since Oct 31, 2013 : 1503
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 心筋梗塞後創傷治癒過程における骨髄由来樹状細胞の役割  
カナ シンキン コウソクゴ ソウショウ チユ カテイ ニ オケル コツズイ ユライ ジュジョウ サイボウ ノ ヤクワリ  
ローマ字 Shinkin kosokugo sosho chiyu katei ni okeru kotsuzui yurai jujo saibo no yakuwari  
別タイトル
名前 Regulatory role of dendritic cells in postinfarction healing and left ventricular remodeling  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安西, 淳  
カナ アンザイ, アツシ  
ローマ字 Anzai, Atsushi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50528164
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2012  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々は、マウス心筋梗塞モデルを用いて樹状細胞が骨髄から梗塞部に浸潤することを世界で初めて示した。また、骨髄由来の樹状細胞を選択的に除去できるマウスモデルを作製し、樹状細胞が炎症性、抗炎症性の単球/マクロファージを制御することで、梗塞後の炎症、免疫応答において保護的に働く可能性を明らかにした。以上より、樹状細胞は梗塞後心不全の新たな治療標的になり得ると考えられた。
 
目次

 
キーワード
樹状細胞  

心筋梗塞  

免疫応答  

炎症反応  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2012
課題番号 : 23790875
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・循環器内科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 30, 2013 09:00:00  
作成日
Oct 30, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2012年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース