慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23730229seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23730229seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :187.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1125

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1125
 
タイトル
タイトル 若者の交友ネットワークを通じた犯罪行為の社会的相互作用の実証分析  
カナ ワカモノ ノ コウユウ ネットワーク オ ツウジタ ハンザイ コウイ ノ シャカイテキ ソウゴ サヨウ ノ ジッショウ ブンセキ  
ローマ字 Wakamono no koyu nettowaku o tsujita hanzai koi no shakaiteki sogo sayo no jissho bunseki  
別タイトル
名前 An empirical analysis of social interactions about adolescent delinquencies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中嶋, 亮  
カナ ナカジマ, リョウ  
ローマ字 Nakajima, Ryo  
所属 慶應義塾大学・経済学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70431658
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は若者の非行行為の社会的相互作用の実証分析を行った。(1)若者の交友関係形成をモデル化するためにマッチング理論を援用し、片側非効用移転ゲームとして定式化した。また、安定マッチングの複数性を解決するための計量モデル構造を明らかにし、構造パラメータを推定する統計手法を開発した。(2)若者の交友範囲の特定を行うために、一般的な知識伝播の波及範囲を厳密に計測するための新たな手法を開発した。さらにその手法に基づき局所化距離を厳密に推定した。(3) 交友関係の決定と非行行為の決定を同時に考慮する社会的相互作用モデルを構築し、マイクロデータを使って若者の喫煙、飲酒、薬物摂取についてピア効果を推定した。
This research implemented an empirical analysis of social interactions about adolescent delinquencies. Firstly, I employed a matching theory to describe friendship formation among young adults, and modeled it as a one-sided non-transferable utility game. I discovered necessary conditions to estimate an econometric model of the game with multiple predictions of stable matching. Secondly, I developed a new distanced-based test to detect localization of knowledge spillovers. Using the test, I computed the distances within which knowledge spillovers are localized. The distance of localization can be used as a basis to delineate the scope of local interactions among young adults when committing delinquent behaviors. Lastly, I construct a linear-in-means social interaction model that describes simultaneous decisions of making friends and committing delinquent acts. I estimated the structural model to gauge peer effects on youth behaviors of smoking, alcohol drinking, and illicit drug taking.
 
目次

 
キーワード
ネットワーク  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23730229
研究分野 : 社会科学
科研費の分科・細目 : 経済学 応用経済学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:31  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:31  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース