慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23730149seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23730149seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :90.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 951

Total downloads since Dec 11, 2014 : 951
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 旧ソ連諸国における憲法動態と支配政党体制の比較研究  
カナ キュウ ソレン ショコク ニ オケル ケンポウ ドウタイ ト シハイ セイトウ タイセイ ノ ヒカク ケンキュウ  
ローマ字 Kyu Soren shokoku ni okeru kenpo dotai to shihai seito taisei no hikaku kenkyu  
別タイトル
名前 Dominant party regime and constitutional dynamics in former Soviet countries  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大串, 敦  
カナ オオグシ, アツシ  
ローマ字 Ogushi, Atsushi  
所属 慶應義塾大学・法学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20431348
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は旧ソ連諸国の支配政党体制の成立と憲法動態を調査するものであった。支配政党体制の成立に関しての成果は、「旧ソ連諸国の競争選挙を行う体制において、支配政党形成の一つの必要条件は、中・下級エリートの権力基盤を解体せずに支配政党に糾合する中央政府の能力である」というテーゼに要約できる。この点をロシアの支配政党体制に関して論じたほか、ウクライナに関して、地方エリートの反逆を招き支配政党形成に失敗したことを論じた。
また、旧ソ連諸国の支配政党体制の特徴をつかむために、中国共産党とインド国民会議派との比較を試み、体制構築型支配政党と体制順型支配政党という支配政党の二つの理念系を提唱した。
This resarch project treated the rise of a dominant party regime and constitutional dynamics in the former Soviet states. One of the most important findings is that, under competitieve authoritarianism like the former Soviet countries, the central government needs to rally middle and lower elites around a single party for establishing a dominant party. This argument is demonstrated by the Russian and Ukrainian cases. While in Russia a dominant party building was successful, the Ukrainian authority has failed to establish a dominant party.
This project also attempted to compare post-soviet dominant party regime with the Chinese communist party and the Indian National Congress, which led to a novel typology of dominant parties; regime-building dominanat party and regime-adapting dominant party.
 
目次

 
キーワード
支配政党  

憲法体制  

ロシア  

ウクライナ  

国際研究者交流  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23730149
研究分野 : 社会科学
科研費の分科・細目 : 政治学・政治学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:30  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:30  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース