慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23689059seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23689059seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :172.0 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1604

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1604
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ブタ脱細胞化技術と幹細胞の融合により三次元胆管・血管構造を有す新規移植肝臓の開発  
カナ ブタ ダツサイボウカ ギジュツ ト カンサイボウ ノ ユウゴウ ニ ヨリ サンジゲン タンカン・ケッカン コウゾウ オ ユウス シンキ イショク カンゾウ ノ カイハツ  
ローマ字 Buta datsusaiboka gijutsu to kansaibo no yugo ni yori sanjigen tankan kekkan kozo o yusu shinki ishoku kanzo no kaihatsu  
別タイトル
名前 Organ engineering by decellularized scaffold for transplant and regenerative therapy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 八木, 洋  
カナ ヤギ, ヒロシ  
ローマ字 Yagi, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20327547

名前 Soto-Gutierrez A  
カナ  
ローマ字  
所属 Assistant Professor Department of Pathology University of Pittsburgh, USA  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
脱細胞化臓器骨格は、再生細胞の足場として有用であるだけでなく臓器特有の三次元構造から外科的に移植可能なマクロ構造へ連続する血管網、細胞外マトリックス構造を有している。我々はiPS細胞技術の臨床応用に向けて、ブタの肝臓を用いて脱細胞化骨格の移植手技の定型化に努めてきた。移植後の長期的機能維持を目指し、還流血液の凝固の問題をクリアするため、内皮細胞や抗凝固粒子による門脈系の被覆、門脈カテーテルを用いた抗血栓薬の持続投与によって大幅な改善を得た。今後は、膵臓・小腸を含めた本技術の幅広い応用の可能性を含め、脱細胞化臓器骨格を基盤としiPS細胞を用いた再生医療を実現すべく更に本研究を推進していきたい。
Recent technology in stem cell engineering has raised new possibilities for the study of complex physiological processes in vitro, as well as the potential to fabricate entire organs for transplantation. After the huge progress in vitro using human-induced pluripotent stem cells which can differentiate relatively functional somatic cells, we should go for the next stage to investigate clinical applications of those cells using feasible animal models. Therefore, we have been developed a new technology using acellular three-dimensional scaffolds to generate transplantable whole liver which can be recellularized with appropriate cell types. It can retain all the necessary cues of tissue regeneration with efficient blood supply by suturing vascular access in vivo. For the clinical application, it should be applied to preclinical experimental large animal models. We believe that this technology may help to open new insight into organ regeneration as well as drug metabolism and toxicity.
 
目次

 
キーワード
幹細胞  

臓器再生  

再生医療  

組織工学  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23689059
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 外科系臨床医学・外科学一般
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:28  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース