慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23681025seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23681025seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :229.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 826

Total downloads since Dec 11, 2014 : 826
 
タイトル
タイトル 積層機能と光電変換機能を併せ持つ分子集積体の創製と特性評価  
カナ セキソウ キノウ ト コウデン ヘンカン キノウ オ アワセ モツ ブンシ シュウセキタイ ノ ソウセイ ト トクセイ ヒョウカ  
ローマ字 Sekiso kino to koden henkan kino o awase motsu bunshi shusekitai no sosei to tokusei hyoka  
別タイトル
名前 Synthesis and evaluation of supramolecular assemblies possessing light energy conversion properties  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 羽會部, 卓  
カナ ハソベ, タク  
ローマ字 Hasobe, Taku  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70418698
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
コロネンに代表される平面型多環芳香族炭化水素はπ電子共役に起因する特徴的な光・電子物性と積層型集合体特性を有するため、電子デバイス等への応用展開が期待できる。しかしながら、電子アクセプター材料の知見は電子ドナー材料に比べて限られている。今回、基本骨格としてコロネンおよびベンゾペリレンに着目し、イミド基の配置部位と数およびベンゼン環の数、さらに複素環内の炭素数の変化に伴う物性の違いを考慮して一連の誘導体合成を行い、分光および電子移動特性の制御に成功した。また、ドナー分子の連結による光エネルギー変換機能の発現にも成功した。
A series of benzo[ghi]perylene and coronene derivatives substituted by electron-withdrawing imide and ester groups were systematically synthesized considering number of imide and ester groups, five- and six-membered imide groups, and the peripheral positions. The steady-state absorption and fluorescence spectra also become red-shifted and broadened as compared to those of reference unsubstituted benzo[ghi]perylene and coronene. Regarding the electrochemistry, with an increase in the number of imide groups, the reduction potentials are significantly shifted to the positive direction, which indicates the large enhancement of electron-accepting properties. Then, systematic comparison of quantum yields and rate constants of the excited-state dynamics also reveals that the intersystem crossing pathway was accelerated in both benzo[ghi]peryleneimide and coroneneimide derivatives, whereas the fluorescence property was dependent on the number of substituents and structural symmetry.
 
目次

 
キーワード
分子集合体  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23681025
研究分野 : 新領域
科研費の分科・細目 : ナノ材料
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:27  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:27  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース