慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23591917seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23591917seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :114.7 KB
Last updated :Aug 18, 2023
Downloads : 721

Total downloads since Aug 18, 2023 : 721
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヒトリンパ管腫由来リンパ管内皮細胞株を用いたリンパ管腫モデル動物の作製  
カナ ヒト リンパカンシュ ユライ リンパカン ナイヒ サイボウカブ オ モチイタ リンパカンシュ モデル ドウブツ ノ サクセイ  
ローマ字 Hito rinpakanshu yurai rinpakan naihi saibokabu o mochiita rinpakanshu moderu dobutsu no sakusei  
別タイトル
名前 Establishment of the animal model of lymphangioma using human lymphangioma derived lymphatic endothelial cell  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤野, 明浩  
カナ フジノ, アキヒロ  
ローマ字 Fujino, Akihiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50306726

名前 梅澤, 明弘  
カナ ウメザワ, アキヒロ  
ローマ字 Umezawa, Akihiro  
所属 独立行政法人国立成育医療研究センター・生殖・細胞医療研究部・部長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70213486

名前 秦, 順一  
カナ ハタ, ジュンイチ  
ローマ字 Hata, Jyunichi  
所属 独立行政法人国立成育医療研究センター・名誉総長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90051614
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
当研究の目的は, リンパ管腫発症のメカニズムの解明, それに応じた新規治療法のシーズ発掘, またそれを検討するために必要なリンパ管腫の動物モデルの作成であった。
当研究ではリンパ管腫由来細胞培養法と, その移植によりNOGマウスに安定してリンパ管腫様病変をつくる手法を確立した。またこの細胞を不死化し蛍光・発光蛋白を導入することに成功した。今後この細胞を移植することにより体外から観察可能な病変をもつ動物モデルとすべく検討を続ける必要がある。
The purposes of this study were the elucidation of the mechanism for the pathogenesis of lymphangioma, the exploration of seeds for new therapeutic methods for the disease, and establishment of animal model of the lymphangioma necessary to examine the new therapeutic methods. In this study, we established technique to make lymphangioma-like lesion in the NOG mouse by transplanting primary culture cells derived from lymphangioma lesions. In addition, we succeeded in immortalizing this cell, and introducing the fluorescence and light emission protein. We need to continue this project it in order to make an animal model in which the lesion is observable from the outside the body by transplanting this cell.
 
目次

 
キーワード
リンパ管腫  

リンパ管奇形  

モデル動物  

リンパ管内皮細胞  

細胞生物学  

病態発生  

新規治療法  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2014
課題番号 : 23591917
研究分野 : 小児外科, リンパ管疾患
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 18, 2023 14:33:23  
作成日
Apr 08, 2016 16:56:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者 を変更
Aug 18, 2023    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1600) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (690)
3位 Bidet toilet use... (508)
4位 731部隊と細菌戦 ... (501)
5位 新自由主義に抗す... (382)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (983) 1st
2位 インフルエンサー... (494)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 酢酸エステル類の... (403)
5位 興味が引き起こさ... (395)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース