慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23591255seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23591255seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :214.4 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1978

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1978
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 横紋筋細胞を用いた免疫沈降法による自己抗体検索の臨床応用に向けて  
カナ オウモンキン サイボウ オ モチイタ メンエキ チンコウホウ ニ ヨル ジコ コウタイ ケンサク ノ リンショウ オウヨウ ニ ムケテ  
ローマ字 Omonkin saibo o mochiita meneki chinkoho ni yoru jiko kotai kensaku no rinsho oyo ni mukete  
別タイトル
名前 Autoantibodies detection by immunoprecipitaion assay using rhabdomyosarcome cellular extract  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 重明  
カナ スズキ, シゲアキ  
ローマ字 Suzuki, Shigeaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50276242

名前 馬場, 彰泰  
カナ ババ, アキヤス  
ローマ字 Baba, Akiyasu  
所属 北里大学・医学部附属病院・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60296572
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
免疫性筋疾患である重症筋無力症 (MG)と炎症性筋疾患における自己抗体とその臨床的意義について研究を行った。抗体測定の主な手法はアイソトープラベルした横紋筋細胞抽出液蛋白とRNAを抗原とする免疫沈降法である。抗Kv1.4抗体や抗SRP抗体の自己抗体検出は我々研究室の独自の方法である。国内外の多くの施設と共同研究を展開し、臨床的意義を解明した。
抗Kv1.4抗体はMGにおける重篤な合併症である心臓病変、胸腺腫関連MGにおける長期予後などに関連している。また抗SRP抗体陽性ミオパチーの臨床像を解明し、病型分類を提唱した。研究成果は多くの施設から自己抗体測定依頼を受け、臨床現場に還元している。
Anti-signal recognition particle (SRP) antibodies were first found in the serum from a patient with polymyositis and were classified as one of the myositis-specific antibodies. We advocate for clinical recognition of a chronic form of anti-SRP myopathy, usually progressed over one year. 
Anti-Kv1.4 antibody was detected by an immunoprecipitation assay using 35S-labeled rhabdomyosarcome cellular extract as the antigen source. Patients with anti-Kv1.4 antibodies showed higher frequencies of thymoma recurrence and MG relapse compared to those without. Anti-Kv1.4 antibody is a useful predictor of the prognosis of thymoma-associated MG. In addition, 70 (10.8%) of 650 MG patients had anti-Kv1.4 antibodies and 60% of them had abnormal ECG findings with high frequencies of T-wave abnormality and QT prolongation. Myocarditis was found in 8 MG patients with anti-Kv1.4 antibodies. Most patients showed rapid deterioration with lethal arrhythmias and severe heart failure.
 
目次

 
キーワード
自己抗体  

重症筋無力症  

炎症性筋疾患  

抗Kv1.4抗体  

抗SRP抗体  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23591255
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・神経内科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:14  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (609) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (444)
4位 統治の思想と実務... (395)
5位 Brain Tech guide... (316)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (846)
3位 独ソ不可侵条約と... (775)
4位 アセトアニリドの... (602)
5位 インフルエンサー... (390)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース