慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23591254seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23591254seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :372.0 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1585

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1585
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 新規病態スペクトラムALS/FTLD-Uにおける分子病態の解明  
カナ シンキ ビョウタイ スペクトラム ALS/FTLD-U ニ オケル ブンシ ビョウタイ ノ カイメイ  
ローマ字 Shinki byotai supekutoramu ALS/FTLD-U ni okeru bunshi byotai no kaimei  
別タイトル
名前 Novel pathological pathway of ALS/FTLD-U  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伊東, 大介  
カナ イトウ, ダイスケ  
ローマ字 Ito, Daisuke  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80286450
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
筋萎縮性側策硬化症の原因遺伝子optineurin (OPNL)、ubiquilin (UBQLN)2が次々と同定されたが、その分子メカニズムは不明である. OPNLとUBQLN2はいずれも蛋白分解機構に関与することが知られており、我々の研究成果では、両分子がRab11陽性endosomal vesicleに共局在し、OPNLとUBQLN2のALS関連変異は、いずれもこのvesicleに障害を引き起こすことを観察している. さらに、このvesicleは、p62、ULK1陽性でありendosomeとautophagy をつなぐ蛋白品質管理に関連した新規の細胞内メカニズムである可能性が示唆された.
Ubiquilin (UBQLN) 2 localized in endosomal vesicles formed by the ALS-linked molecule optineurin (OPTN) and also co-localized with an initiator of the autophagic process, ULK1, after amino acid starvation. OPTN-vesicles were ubiquitin- and p62-immunopositive. An ALS-linked mutation (E478G) in OPTN abolished vesicle formation. ALS-linked mutations in UBQLN2 additively enhanced UBQLN2 aggregation and formation of inclusion bodies, resulting in mislocation from OPTN-vesicles. UBQLN2 was found to be a potent regulator of the levels of OPTN and the FTD-linked secretory factor progranulin, possibly via the endosomal system, and ALS-linked mutations disturbed these functional consequences. This study demonstrates that ALS-linked mutations in both OPTN and UBQLN2 interfere with the constitution of specific endosomal vesicles, suggesting that the vesicles are involved in protein homeostasis and that these proteins function in common pathological processes.
 
目次

 
キーワード
ubiquitin  

optineurin  

筋萎縮性側策硬化症  

endosome  

autophagy  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23591254
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・神経内科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:14  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース