慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23580139seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23580139seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :260.7 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1530

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1530
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル メタボリック症候群新規治療法を目指したβ酸化調節鍵因子ACC2の発現制御機構解明  
カナ メタボリック ショウコウグン シンキ チリョウホウ オ メザシタ β サンカ チョウセツ カギ インシ ACC2 ノ ハツゲン セイギョ キコウ カイメイ  
ローマ字 Metaborikku shokogun shinki chiryoho o mezashita β sanka chosetsu kagi inshi ACC2 no hatsugen seigyo kiko kaimei  
別タイトル
名前 The expression of beta-oxidation adjustment key factor ACC2 elucidation which aimed at the metabolic syndrome new therapy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 渡辺, 光博  
カナ ワタナベ, ミツヒロ  
ローマ字 Watanabe, Mitsuhiro  
所属 慶應義塾大学・政策・メディア研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10450842

名前 森本, 耕吉  
カナ モリモト, コウキチ  
ローマ字 Morimoto, Kokichi  
所属 慶應義塾大学 医学部 助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10468506
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、メタボリックシンドローム治療標的としてAcetyl-CoA Carboxylase 2(ACC2)に着目した。ACC2はエネルギー代謝改善につながる治療標的たりうるが、我々は胆汁酸投与によるマウス肝ACC2遺伝子発現低下を見出しており、これを踏まえACC2転写制御機構解明を目指した。マウスACC2遺伝子には2つの転写開始点があり、本研究で各調節領域を検討、また各mRNAの諸条件下での発現変化を検討した。その結果、2種類のmRNAは異なる発現様式を示し、特に3'側のmRNA発現に関与する機序が肝内エネルギー代謝改善の治療標的となる可能性が示された。
We propose that Acetyl-CoA Carboxylase 2 (ACC2) is an attractive therapeutic target of metabolic syndrome, and we analyzed the mechanisms implied in the regulation of ACC2 gene expression to develop a brand-new therapeutic approach of metabolic syndrome. Prior to this study, we had found that hepatic ACC2 expression was repressed by cholic acid administration in mice. We had also found that murine ACC2 gene had two different transcription initiation sites with two different transcriptional regulatory regions. In this study, we analyzed the transcriptional regulatory regions by cloning. We also investigated the alterations of the expressions of the ACC2 mRNA subtypes under special conditions such as high-fat feeding, fasting, and refeeding. According to our result, the regulatory mechanisms participated in the expression of the 3-side ACC2 mRNA seemed to become an therapeutic target to improve hepatic energy homeostasis.
 
目次

 
キーワード
代謝  

メタボリックシンドローム  

胆汁酸  

脂質代謝  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23580139
研究分野 : 農学
科研費の分科・細目 : 農芸化学・応用生物化学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:10  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース