慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23390086seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23390086seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :265.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1577

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1577
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 新たなヒト・リンパ球ナチュラル・ヘルパー細胞の同定と疾患への関与  
カナ アラタナ ヒト・リンパキュウ ナチュラル・ヘルパー サイボウ ノ ドウテイ ト シッカン エノ カンヨ  
ローマ字 Aratana hito rinpakyu nachuraru herupa saibo no dotei to shikkan eno kanyo  
別タイトル
名前 Human natural helper cells and its involvement in diseases  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山田, 健人  
カナ ヤマダ, タケト  
ローマ字 Yamada, Taketo  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60230463

名前 林, 睦  
カナ ハヤシ, ムツミ  
ローマ字 Hayashi, Mutsumi  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60327575

名前 西田, 浩子  
カナ ニシダ, ヒロコ  
ローマ字 Nishida, Hiroko  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80317130
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ヒト脂肪内リンパ組織FALCと自然免疫を担当するナチュラル・ヘルパー(NH)細胞の機能解析を行った。全身脂肪組織のFALCを検索し腸間膜が最も明瞭でNH細胞も多いことが判明した。剖検症例の腸間膜NH細胞を単離し、サイトカイン刺激後の遺伝子発現変化や転写因子発現を解析したところ、ヒトNH細胞もマウス同様の遺伝子発現やサイトカン産生能を示した。NH細胞を標識して免疫不全マウス腹腔内へ移植したところ、マウス脂肪組織への定着とヒトIL-5, IL-13産生が確認された。糖尿病、メタボリック症候群の剖検症例腸間膜では対照群と比較してFALC組織の面積の減少傾向およびNH細胞数の有意な低下が認められた。
Pathophysiological examinations of human innate immunology-related natural helper (NH) cells in fat-associated lymphoid cluster (LALC) were done using autopsy cases. FALCs in adipose tissues of total body were analyzed anatomically and histologically, consequently FALC was dominantly located in mesentery and NH cells were most frequent in mesentery as compared to omentum, fat capsule of kidney, genitalia, and retroperitoneum. Hunan NH cells prepared from human mesentery had the same patterns of gene expressions and similar kinds of cytokine production to murine NH cells. Human NH cells labeled with CSFE were transplanted in NOG mice. As a result human NH cells lodged in murine adipose tissues and produced human IL-5 and IL-13 constitutively. The area of FALC and NH cell number was decreased in mesentery of cases with diabetes mellitus and metabolic syndrome as compared to control cases.
 
目次

 
キーワード
病理学  

免疫学  

メタボリック症候群  

自然免疫  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23390086
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 基礎医学・人体病理学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:48  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:48  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース