慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23350047seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23350047seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :514.3 KB
Last updated :Apr 8, 2016
Downloads : 477

Total downloads since Apr 8, 2016 : 477
 
タイトル
タイトル 二酸化炭素の資源化を指向する触媒的固定化反応の開発  
カナ ニサンカ タンソ ノ シゲンカ オ シコウスル ショクバイテキ コテイカ ハンノウ ノ カイハツ  
ローマ字 Nisanka tanso no shigenka o shikosuru shokubaiteki koteika hanno no kaihatsu  
別タイトル
名前 Research on CO2 incorporation reactions for synthetic organic chemistry  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山田, 徹  
カナ ヤマダ, トオル  
ローマ字 Yamada, Toru  
所属 慶應義塾大学・理工学部化学科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40296752
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
銀触媒の存在下, 二酸化炭素がプロパルギルアルコールに導入され, 対応する環状カーボナートが得られる。本研究ではアルキン活性化を利用し炭素-炭素結合形成を伴う二酸化炭素固定化を試みた。アルキンを有するカルボニル化合物に塩基の存在下, 二酸化炭素と反応させると, 五員環ラクトンが得られた。この系をo-アルキニルアニリンに適用すると, アルキンに対しカルバミン酸アニオンが環化付加した, 対応するベンゾキサジン-2-オンが得られた。塩基にDBUを用いると, 4-ヒドロキシキノリン-2(1H)-オンが得られた。これは一次生成物に塩基が作用し, イソシアナート経由の分子内転位によることを赤外吸収スペクトルで確定した。
A silver/DBU catalyst system was developed for the effective synthesis of cyclic carbonate from the reaction of CO2 with propargylic alcohols in high yields under mild conditions. We found that the catalytic amount of silver benzoate with MTBD was effective catalytic system and the corresponding lactone derivatives were obtained in high yields. It was found that a silver catalyst successfully promoted the incorporation of CO2 into o-alkynylanilines to afford the corresponding benzoxazine-2-ones bearing Z exo-olefin at the activated C-C triple bond. In the presence of a catalytic amount of silver salt, various o-alkynylanilines were treated with carbon dioxide and DBU under mild reaction conditions to afford the corresponding 4-hydroxyquinolin-2(1H)-one derivatives in high yield. The key step is proposed as the generation of the isocyanate and the enolate through C-O bond cleavage and new C-C bond formation induced by deprotonation after formation of the benzoxazin-2-one.
 
目次

 
キーワード
合成化学  

触媒・化学プロセス  

二酸化炭素  

廃棄物再資源化  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2011~2014
課題番号 : 23350047
研究分野 : 有機化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 08, 2016 16:56:01  
作成日
Apr 08, 2016 16:56:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (546) 1st
2位 宋元刊両唐書およ... (337)
3位 徹底的行動主義に... (316)
4位 恵与と家族 (296)
5位 新自由主義に抗す... (265)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A Model-Based Sy... (2136) 1st
2位 A note on estima... (1118)
3位 ジャニーズのアイ... (1009)
4位 Robert N. Anthon... (982)
5位 アセトアニリドの... (973)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース