慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23249030seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23249030seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :175.1 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 681

Total downloads since Jan 6, 2017 : 681
 
タイトル
タイトル 抗凝固療法、抗血小板療法における新規モニタリング指標の網羅的探索  
カナ コウギョウコ リョウホウ, コウケッショウバン リョウホウ ニ オケル シンキ モニタリング シヒョウ ノ モウラテキ タンサク  
ローマ字 Kogyoko ryoho, kokesshoban ryoho ni okeru shinki monitaringu shihyo no morateki tansaku  
別タイトル
名前 Comprehensive analysis of novel monitoring markers of anticoagulation and antiplatelet therapies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 村田, 満  
カナ ムラタ, ミツル  
ローマ字 Murata, Mitsuru  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50174305

名前 鈴木, 則宏  
カナ スズキ, ノリヒロ  
ローマ字 Suzuki, Norihiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10158975

名前 河村, 朗夫  
カナ カワムラ, アキオ  
ローマ字 Kawamura, Akio  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60286458
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
抗血小板薬は主にアテローム血栓症の治療や再発予防に, 抗凝固薬は主に深部静脈血栓症/肺血栓塞栓症や心房細動に用いられている。本研究は血栓症治療薬に特異的な新しい臨床検査指標を包括的に探索開発することを目的とした。
抗血小板薬については脳血管障害, 冠動脈疾患, 周術期患者血栓予防, 心房中隔欠損(ASD)に対するパッチ手術時の血栓予防のための抗血小板薬使用について検討し, 血栓形成能評価法としてPFA-100, VerifyNow, T-TASの意義が示唆された。
抗凝固療法に関しては新規経口抗凝固薬(NOAC)の新たな検査法を検討し, 各凝固検査に対するNOACの特性を十分に考慮する必要性が示唆された。
Antiplatelet drugs are used for the treatment and secondary prevention of atherothrombosis, while anticoagulant drugs are indicated for deep vein thrombosis, pulmonary thromboembolism, and atrial fibrillation. This study aimed for comprehensive exploration and development of new diagnostic markers specific for antithrombotic therapies.
For antiplatelet therapy, cerebrovascular disease, coronary artery disease, and thrombosis prevention in perioperative phases (including patch closure of ASD using clopidogrel) were investigated. PFA-100, VerfyNow, and T-TAS were shown to be effective.
For anticoagulation therapy, novel diagnostic strategies for new oral anticoagulants (NOACs) were examined. Coagulation studies vary significantly between reagents, which should always be taken into consideration when results were interpreted.
 
目次

 
キーワード
血栓症  

抗血小板薬  

抗凝固薬  

モニタリング  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(A)(一般)
研究期間 : 2011~2015
課題番号 : 23249030
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:19  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース