慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23120003seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23120003seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :197.3 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 345

Total downloads since Jan 6, 2017 : 345
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヒト乳児の言語学習を可能にするモデルフリー・モデルベースの学習機構  
カナ ヒト ニュウジ ノ ゲンゴ ガクシュウ オ カノウ ニ スル モデルフリー・モデルベース ノ ガクシュウ キコウ  
ローマ字 Hito nyuji no gengo gakushu o kano ni suru moderufuri moderubesu no gakushu kiko  
別タイトル
名前 Model-free and model-based learning mechanism for lexical acquisition  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 今井, むつみ  
カナ イマイ, ムツミ  
ローマ字 Imai, Mutsumi  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60255601

名前 松井, 智子  
カナ マツイ, トモコ  
ローマ字 Matsui, Tomoko  
所属 東京学芸大学・国際教育センター・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20296792

名前 岡田, 浩之  
カナ オカダ, ヒロユキ  
ローマ字 Okada, Hiroyuki  
所属 玉川大学・工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10349326

名前 北城, 圭一  
カナ キタジョウ, ケイイチ  
ローマ字 Kitajo, Keiichi  
所属 理化学研究所・脳リズム情報処理連携ユニット・ユニットリーダー  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70302601

名前 友永, 雅己  
カナ トモナガ, マサキ  
ローマ字 Tomonaga, Masaki  
所属 京都大学・霊長類研究所・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70237139
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では言語学習機構において, 学習の促進が考えられる音象徴性・対称性推論・他者の意図推論の3つの認知能力について学習モデル研究を行った。1. 乳児に対する脳波計測調査から前言語期であっても音象徴性が音声学習に効果を及ぼすと示され, 成人に対するfMRI研究によって音象徴性の学習促進効果と右STSにおける賦活との関連が観測された。2. 同一刺激にて種間比較行動実験を行い, ヒト乳児には対称性推論が確認できたがチンパンジーには確認できなかった。3. イントネーションから他者の発話の確信度を判断する能力を調査で, 日本語母語の24カ月児は学習でき, その一方仏語母語の幼児は48ヶ月であっても学習ができなかった。
A fundamental question in language development is how infants start to assign meaning to words. We hypothesized that three cognitive skills play a critical role: sound-symbolism ; symmetry (bidirectional) inference bias ; and inference for other individuals' intent. We experimentally established that : (1) Preverbal infants map auditory words onto visual input by recruiting a cross-modal perceptual processing system and a nascent semantic network. With fMRI study, we identified the right posterior STS as the key area for processing sound symbolic words. 2) In a cross-species comparison study with comparable procedure, human infants posses the symmetry inference bias but chimpanzees did not. 3) In inferring the reference of a novel word, 24-month-old infants are able to infer the speaker's confidence, and believed that the object that the more confident speaker mapped the novel word would be the correct reference.
 
目次

 
キーワード
モデル化  
NDC
 
注記
研究種目 : 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間 : 2011~2015
課題番号 : 23120003
研究分野 : 実験系心理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:18  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース