慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_21390592seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_21390592seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :178.9 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1327

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1327
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 子どものターミナルケア技術構築と看護師のストレス緩和プログラムの開発  
カナ コドモ ノ ターミナル ケア ギジュツ コウチク ト カンゴシ ノ ストレス カンワ プログラム ノ カイハツ  
ローマ字 Kodomo no taminaru kea gijutsu kochiku to kangoshi no sutoresu kanwa puroguramu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Establishing skills in children's terminal care and developing programs for reducing stress in nursing  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 戈木 クレイグヒル, 滋子  
カナ サイキ クレイグヒル, シゲコ  
ローマ字 Saiki-Craighill, Shigeko  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部/健康マネジメント研究科 教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10161845

名前 岩田, 洋子  
カナ イワタ, ヨウコ  
ローマ字 Iwata, Yoko  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部 助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40347282

名前 小田, 心火  
カナ オダ, ホムラ  
ローマ字 Oda, Homura  
所属 東邦大学・医学部 講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10299844

名前 安田, 由美  
カナ ヤスダ, ユミ  
ローマ字 Yasuda, Yumi  
所属 首都大学東京・健康福祉学部 助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40551081

名前 種吉, 啓子  
カナ タネヨシ, ケイコ  
ローマ字 Taneyoshi, Keiko  
所属 首都大学東京・健康福祉学部 准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80352053

名前 Smith, Pam  
カナ  
ローマ字  
所属 University of Edginburgh School of Social Science 教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 三戸, 由恵  
カナ ミト, ヨシエ  
ローマ字 Mito, Yoshie  
所属 慶應義塾大学・健康マネジメント研究科 博士課程学生  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60404943
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究を通して看護師は, ターミナル期に死の時期の予測, 家族が子どもの病状の悪さを受け入れるための働きかけ, 子どもと家族の希望を実現するための支援, よい思い出を残すための関わり, 適切な環境を作るための情報共有, 周囲の子どもの死の教育, 入院時期の判断という技術を用いていることがわかった。くわえて, ターミナルケアを行う中で, 実践能力に関わるストレスと, 自分が思い描く看護が実現できないことによるストレスが生じる可能性のあることがわかり, ケア目標の適切さの吟味, ストレスの自覚, チーム内での発見とサポート, 専門家によるサポートをはじめとする支援体制作りの必要性が示唆された。
This study found that during terminal care, nurses used their skills to predict the child's time of death, get the family to accept the worsening condition of their child, help the child and the family realize their wishes, allow for positive memories to be created, make a good terminal care environment by sharing information with the surrounding adults, teach the surrounding children about death, and to assess when the child should be hospitalized. In addition, it also became clear that while providing terminal care, the amount of stress related to the degree of professional skills and from not being able to do the nursing one intends. This suggests the necessity of creating a support system that tracks the appropriateness of the nurse's care objectives, the self-awareness of stress, the team's ability to discover stress and provide support, and the access to support from specialists.
 
目次

 
キーワード
ターミナルケア技術  

小児看護  

看護師  

ストレス  

子ども  

家族  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2009~2013
課題番号 : 21390592
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 看護学・生涯発達看護学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:32  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース