慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K22624seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K22624seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 48

Total downloads since May 17, 2022 : 48
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 炎症抑制制御性T細胞の腸管絨毛内における時空間的解析と病態解明  
カナ エンショウ ヨクセイ セイギョセイ Tサイボウ ノ チョウカン ジュウモウナイ ニ オケル ジクウカンテキ カイセキ ト ビョウタイ カイメイ  
ローマ字 Enshō yokusei seigyosei Tsaibō no chōkan jūmōnai ni okeru jikūkanteki kaiseki to byōtai kaimei  
別タイトル
名前 Spatiotemporal analysis and pathogenesis of proinflammatory regulatory T cells in intestinal villi  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 筋野, 智久  
カナ スジノ, トモヒサ  
ローマ字 Sujino, Tomohisa  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40464862
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
腸管内でのTregの動態や機能制御を詳細に1細胞レベルで解析した研究はない。また、潰瘍性大腸炎患者では粘膜内Tregは健常腸管と比してTregが増加していることが報告されている。一方で、本患者で腸管炎症の慢性化・上皮修復不全を示す。これは潰瘍性大腸炎ではTregの分化・機能異常ではなく、局在異常により、上皮修復を効率的に行えていない可能性を示唆している。Tregの消化管疾患時における動態を解析するため、本研究では IVMを用い、in vivoモデルでの炎症時におけるTregの腸管粘膜内局在(粘膜固有層or腸管上皮間)、粘膜固有層-上皮間の相互移行の頻度や移行の動態を検討した。
The dynamics and functional regulation of Treg in the intestine at the single cell level is unknown. It has been reported that the number of Treg in the mucosa is increased in patients with ulcerative colitis compared with that in healthy intestine. On the other hand, chronicity of intestinal inflammation and insufficient epithelial repair are shown in this patient. In order to analyze the dynamics of Treg in gastrointestinal diseases, this study used IVM to investigate the localization of Treg in the intestinal mucosa during inflammation in an in vivo model. In this study, we used IVM to examine the frequency and dynamics of intramucosal localization of Treg (between the mucosal lamina propria and intestinal epithelium) and mucosal lamina propria-epithelium cross-migration during inflammation in an in vivo model.
 
目次

 
キーワード
2光子顕微鏡  

腸管免疫  

制御性T細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K22624
研究分野 : 腸管免疫
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:24  
作成日
May 17, 2022 13:23:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース