慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K20698seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K20698seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :263.8 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 52

Total downloads since May 17, 2022 : 52
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 骨疾患治療のための骨環境応答性ナノツールの開発  
カナ コツ シッカン チリョウ ノ タメ ノ コツ カンキョウ オウトウセイ ナノツール ノ カイハツ  
ローマ字 Kotsu shikkan chiryō no tame no kotsu kankyō ōtōsei nanotsūru no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of bone-responsive drug delivery system for the therapy of osteoporosis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 福井, 有香  
カナ フクイ, ユウカ  
ローマ字 Fukui, Yūka  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50635836
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
骨粗鬆症は、加齢とともに破骨細胞による骨吸収と骨芽細胞による骨形成のバランス(リモデリング)が崩れて、骨密度と骨質の低下が誘発される疾患である。そこで、本研究では、生体膜由来のカプセル素材であるリポソームをプラットフォームとして、骨環境に応答して、骨吸収と骨形成の同時コントロールを可能にするカプセル(骨環境応答性ナノツール)の開発に取り組んだ。(1)破骨細胞周辺の酸性環境に応答して、表面が骨結合性から細胞内移行性へと変化し、薬剤を放出するカプセルの作製に成功した。また、(2)骨形成素材であるリン酸カルシウム結晶を複合化したカプセルの作製を達成した。
In recent years, the number of people who suffer from osteoporosis are increasing with the shift to an aging society and change in people’s lifestyles. In this study, we developed therapeutic materials for osteoporosis. First, we produced a nanocapsule via deposition of biopolymers on the surface of liposome. The polymer wall was constructed with an inner layer with cell penetration activity and an outer layer with bone-targeting ability.  The enzymatic degradation of the outer layer in response to the acidic environment provided by osteoclasts led to the surface display of inner layer. In addition, enzymatic degradation of the polymer wall facilitated the release of cargo. Therefore, it is expected that the nanocapsule will deliver drugs to osteoclasts to reduce bone resorption. Next, calcium phosphate, which is the main constituent of bone, was produced inside the liposome. We expect that delivery of nanosized calcium phosphate to bone tissue will promote the bone formation.
 
目次

 
キーワード
リポソーム  

ナノカプセル  

ドラッグデリバリーシステム  

骨粗鬆症  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K20698
研究分野 : 高分子化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:22  
作成日
May 17, 2022 13:23:22  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース