慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K19886seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K19886seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :77.0 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 312

Total downloads since May 17, 2022 : 312
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 運動麻痺回復を促進する適切な筋出力導出を行うロボットリハビリテーションの構築  
カナ ウンドウ マヒ カイフク オ ソクシンスル テキセツナ キン シュツリョク ドウシュツ オ オコナウ ロボット リハビリテーション ノ コウチク  
ローマ字 Undō mahi kaifuku o sokushinsuru tekisetsuna kin shutsuryoku dōshutsu o okonau robotto rihabiritēshon no kōchiku  
別タイトル
名前 Construction of robotic rehabilitation to derive appropriate muscle output to promote recovery from motor paralysis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川上, 途行  
カナ カワカミ, ミチユキ  
ローマ字 Kawakami, Michiyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80424133
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
脳卒中片麻痺患者において、肩関節屈曲の主導筋である三角筋前部線維の活動の強弱と脳卒中患者の異常な筋シナジーに関連する上腕二頭筋、大胸筋等の活動の強弱が独立した要素として存在することがわかった。また、脳卒中患者の運動時に最適な介助をすると、三角筋の筋活動を落とさない、もしくは向上させることが証明された。
続いて、肩機能障害に対するロボットリハビリテーションの効果の検証介入を行った。脳卒中慢性期患者の肩挙上機能障害に対し、ロボットにより重力をアシストした肩挙上訓練を行い、運動機能の改善を示した。
In hemiplegic stroke patients, the strength of activity of the anterior deltoid fibers, which are the leading muscles of shoulder flexion, and the strength of activity of the biceps brachii, pectoralis major, and other muscles associated with abnormal muscle synergy in stroke patients were found to be independent factors.
It was also proved that optimal assistance during exercise in stroke patients did not reduce the muscle activity of the deltoid muscle.
Next, we conducted an intervention to verify the effect of robotic rehabilitation on shoulder dysfunction. For shoulder elevation dysfunction in chronic stroke patients, we performed gravity-assisted shoulder elevation training with a robot and showed improvement in motor function.
 
目次

 
キーワード
ロボティクス  

片麻痺  

肩関節  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K19886
研究分野 : リハビリテーション
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:40  
作成日
May 17, 2022 13:23:40  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース