慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K16190seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K16190seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :82.4 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 68

Total downloads since Nov 14, 2022 : 68
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 自由行動下カルシウムイメージングによる霊長類の複雑な歩行運動メカニズムの解明  
カナ ジユウ コウドウカ カルシウム イメージング ニ ヨル レイチョウルイ ノ フクザツナ ホコウ ウンドウ メカニズム ノ カイメイ  
ローマ字 Jiyū kōdōka karushiumu imējingu ni yoru reichōrui no fukuzatsuna hokō undō mekanizumu no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of complex gait locomotion mechanism in primates by free-living calcium imaging  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 近藤, 崇弘  
カナ コンドウ, タカヒロ  
ローマ字 Kondō, Takahiro  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70759886

名前 佐藤, 裕太  
カナ サトウ, ユウタ  
ローマ字 Satō, Yūta  
所属 慶應義塾大学  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、マーモセットの線条体における神経活動を小型顕微鏡によるカルシウムイメージングにより観察した。D1細胞、D2細胞特異的にイメージングするために、細胞種特異的プロモーターの開発をおこなった。また、介入実験として6-OHDA投与によるパーキンソン病モデルを作成した。先行研究を遵守してMedial forebrain bundleへと6-OHDAを投与したところ、マーモセットの歩行運動機能が著しく低下し、PDモデルを作成することはできた。さらに、これらの行動評価としてDeep Learningを用いた行動トラッキング系を確立しており、本技術を用いたPD症状の定量化を行なった。
In this study, we observed neural activity in the striatum of the marmoset using calcium imaging with a small microscope, and developed cell type-specific promoters for D1 and D2 cell-specific imaging. We also created a Parkinson's disease model by administering 6-OHDA as an intervention experiment. When 6-OHDA was administered to the medial forebrain bundle in compliance with previous studies, the marmoset's gait motor function decreased significantly, and we were able to create a PD model. In addition, we established a behavioral tracking system using Deep Learning to evaluate these behaviors, and quantified the PD symptoms using this technology.
 
目次

 
キーワード
マーモセット  

カルシウムイメージング  

小型蛍光顕微鏡  

線条体  

パーキンソン病  

AAV  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K16190
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 12:52:24  
作成日
May 17, 2022 13:23:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース