慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K19036seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K19036seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :704.6 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 127

Total downloads since Mar 5, 2021 : 127
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 拡張ナノ領域プロセシングが実現させる微小光源開発  
カナ カクチョウ ナノ リョウイキ プロセシング ガ ジツゲンサセル ビショウ コウゲン カイハツ  
ローマ字 Kakuchō nano ryōiki puroseshingu ga jitsugensaseru bishō kōgen kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of small light source with extended-nano space processing  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田邉, 孝純  
カナ タナベ, タカスミ  
ローマ字 Tanabe, Takasumi  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40393805

名前 柿沼, 康弘  
カナ カキヌマ, ヤスヒロ  
ローマ字 Kakinuma, Yasuhiro  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70407146

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
超精密加工の技術を用いて,切削加工のみで高Q値微小光共振器を作製した.高Q値を得るために従来は,研磨加工が必要だったが,超精密加工による延性加工モードを実現すれば,滑らかな表面を得ることができる.延性モード加工条件を明らかにして,切削加工のみでMgF2微小光共振器を作製し,Q値1億を達成した.形状を所望の形に設計することができる.2次分散と4次分散を設計した微小光共振器を用いて,光パラメトリック発振実験を行った.励起光から遠く離れた波長で位相整合が取れるために,1オクターブ以上周波数が離れた間隔でシグナル光とアイドラー光を発生させることができた.
We fabricated a high-Q microcavity only by cutting by using the ultraprecision machining. To date, post-polishing was needed to obtain a high Q microcavity, but we demonstrated that a smooth surface is obtained if a ductile mode cutting is applied that is realized by ultra-precision processing. The ductile mode cutting conditions were studied, and the MgF2 micro-optical resonator was fabricated only by cutting, where we achieved a Q value of 100 million. The shape of the cavity is obtained as designed. Optical parametric oscillation experiments were carried out by using micro-optical resonators of which second-order dispersion and fourth-order dispersion are designed accurately. Since the phase matching can be achieved at a wavelength far from the pump light, the signal and the idler light could be generated at frequencies interval of larger than one octave.
 
目次

 
キーワード
光エレクトロニクス  

量子エレクトロニクス  

光周波数コム  

微小光共振器  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2018~2019
課題番号 : 18K19036
研究分野 : 光エレクトロニクス
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:39  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース