慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K16402seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K16402seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :86.7 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 82

Total downloads since Mar 5, 2021 : 82
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ラットを用いた虚血性脊髄障害に対する肝細胞増殖因子による再生治療  
カナ ラット オ モチイタ キョケツセイ セキズイ ショウガイ ニ タイスル カンサイボウ ゾウショク インシ ニ ヨル サイセイ チリョウ  
ローマ字 Ratto o mochiita kyoketsusei sekizui shōgai ni taisuru kansaibō zōshoku inshi ni yoru saisei chiryō  
別タイトル
名前 A hepatocyte growth factor in a spinal cord ischemia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山下, 健太郎  
カナ ヤマシタ, ケンタロウ  
ローマ字 Yamashita, Kentarō  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80815902
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
虚血性脊髄障害モデルラットを用いて、損傷後の脊髄中HGFの推移並びにHGF,c-MetmRNAの定量評価を行った。脊髄障害後の脊髄中HGFおよびc-Metの動態は外傷性脊髄障害に類似しており、虚血性脊髄障害においてもHGFの髄腔内投与が下肢運動機能の回復に有用である可能性が示唆された。実際にリコンビナント型HGFを脊髄虚血モデルラットに投与する実験においては、HGF投与群において下肢運動機能の回復を認めたが、本研究期間内では十分なn数が実施できず、今後の課題となった。
In this study, I performed ELISA and realtime PCR using spinal cord ischemia rats. The levels of HGF in spinal cord and serum were calculated with ELISA. The levels of HGF in SCI rat spinal cord L1-2 in SCI rats were higher than that of the control group. The levels of c-MetmRNA in spinal cord Th10-13 were elevated just after injury. These findings are similar to those of traumatic spinal cord injury.Then we infused recombinant HGF intrathecally into SCI rats. Two SCI rats were recovered from paraplegia in HGF group(n=3), however in PBS group(n=5), there was no fuctional recovery of paraplegia. 
In conclusion, HGF treatment for SCI rats may be effective but there are limitations. The first and most important limitation is number of rats. We performed only 8 rats(HGF group; n=3, PBS group; n=5). we have to continue this study. The second limitation is this study was performed with small animal, rat. After this study, we start next study using large animal and human.
 
目次

 
キーワード
虚血性脊髄障害  

脊髄虚血  

大動脈瘤  

大動脈解離  

肝細胞増殖因子  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2018~2019
課題番号 : 18K16402
研究分野 : 心臓血管外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:37  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース