慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K14956seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K14956seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :447.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 197

Total downloads since Mar 5, 2021 : 197
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル グルココルチコイド誘発性糖尿病に対する薬物治療の洗練化と発症予測因子の検討  
カナ グルココルチコイド ユウハツセイ トウニョウビョウ ニ タイスル ヤクブツ チリョウ ノ センレンカ ト ハッショウ ヨソク インシ ノ ケントウ  
ローマ字 Gurukokoruchikoido yūhatsusei tōnyōbyō ni taisuru yakubutsu chiryō no senrenka to hasshō yosoku inshi no kentō  
別タイトル
名前 Optimization of the treatment and investigation of predictors for the glucocorticoid-induced diabetes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 地引, 綾 (中島, 綾)  
カナ ジビキ (ナカジマ), アヤ  
ローマ字 Jibiki (Nakajima), Aya  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00746224
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
グルココルチコイド誘発性糖尿病 (GCDM) に対する処方実態調査の結果、GCDMの特徴である食後の血糖上昇の抑制を目的とした薬剤が選択される傾向がみられた。インスリンが処方された患者群では処方されなかった患者群と比べGC投与前から2型糖尿病を合併している患者の割合が有意に高く、GC投与前の血糖の状態が治療薬の選択に影響する可能性が示唆された。また、GC投与患者の11β-HSD1活性測定を行うためにLC-MS/MSを用いた尿中ステロイド濃度測定の条件検討を行った。今後、高用量GCを投与予定の膠原病患者について、GC投与前後の11β-HSD1活性の変化と血糖値の変化の関連について検討する予定である。
We analyzed prescriptions for glucocorticoid (GC) -induced diabetes mellitus (GCDM) and found that drugs tended to be selected for the purpose of suppressing postprandial blood glucose elevation, which is a characteristic of GCDM. Among patients with GCDM, the percentages of patients who were not prescribed insulin was significantly higher in patients with normal blood glucose status than in patients with type 2 diabetes; thus, blood glucose status before GC administration may influence the selection of therapeutic agents. 
We also examined the conditions for urinary steroid concentration measurement using LC-MS/MS to calculate 11β-HSD1 activity in GC-treated patients. We plan to investigate the relationship between changes in 11β-HSD1 activity and blood glucose levels before and after GC administration in patients with rheumatic disease who are scheduled to receive a high dose of GC.
 
目次

 
キーワード
グルココルチコイド誘発性糖尿病  

ステロイド性糖尿病  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2018~2019
課題番号 : 18K14956
研究分野 : 医療薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:35  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース