慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K11109seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K11109seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :407.7 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 344

Total downloads since Nov 14, 2022 : 344
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル タンパク質分解系を介したコーヒー成分による生活習慣病予防の分子メカニズムの解析  
カナ タンパクシツ ブンカイケイ オ カイシタ コーヒー セイブン ニ ヨル セイカツ シュウカンビョウ ヨボウ ノ ブンシ メカニズム ノカイセキ  
ローマ字 Tanpakushitsu bunkaikei o kaishita kōhī seibun ni yoru seikatsu shūkanbyō yobō no bunshi mekanizumu no kaiseki  
別タイトル
名前 Molecular analysis of preventive effects of coffee constituents on life-style-related diseases via protein degradations  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田村, 悦臣  
カナ タムラ, ヒロオミ  
ローマ字 Tamura, Hiroomi  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・名誉教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50201629

名前 多胡, めぐみ  
カナ タゴ, メグミ  
ローマ字 Tago, Megumi  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30445192
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
コーヒーの生活習慣病の予防効果を分子論的に解明することを目的として研究を遂行した。糖尿病や発がんのリスク要因である抗炎症効果について、コーヒー豆の焙煎成分であるカテコール類が炎症反応のシグナル伝達系を抑えるとともに、生体防御遺伝子群の活性化を引き起こすことを見出した。また、焙煎成分ピロカテコールが認知症の原因物質の1つであるアミロイドβの産生にかかわる分解酵素β-セクレターゼの発現を抑制することを見出した。さらに動物モデルにおいても、海馬で同様の効果があることを明らかにした。以上の結果は、コーヒー豆の焙煎成分が、糖尿病やがん、認知症などの生活習慣病を予防する可能性があることを示唆する。
We have researched to elucidae the preventive effects of coffee consumption on lifestyle-related diseases in molecular bases. Regarding the anti-inflammatory effect, which is a risk factor for diabetes and carcinogenesis, we found that catechols, which are imerged during roasting process of coffee beans, suppress the signal transduction of inflammatory reaction and induce activation of genes for biological defense systems. We also found that the roasting component pyrocatechol suppresses the proteolytic enzyme (β-secretase) involved in the production of amyloid β, which is one of the causative substances of dementia. Furthermore, the effect was observed in the hippocampus of the animal model. These above results suggest that the catechols of roasted coffee beans may prevent lifestyle-related diseases such as diabetes, cancers and dementia.
 
目次

 
キーワード
コーヒー  

生活習慣病  

抗炎症  

認知症  

BACE1  

アミロイドβ  

カテコール  

Nrf2  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K11109
研究分野 : 衛生化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 11:20:33  
作成日
May 17, 2022 13:23:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース