慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K08014seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K08014seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :85.6 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 243

Total downloads since May 17, 2022 : 243
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 非アルコール性脂肪肝炎発症・進展機序における迷走神経肝臓枝の役割についての検討  
カナ ヒアルコールセイ シボウ カンエン ハッショウ・シンテン キジョ ニ オケル メイソウ シンケイ カンゾウシ ノ ヤクワリ ニ ツイテ ノ ケントウ  
ローマ字 Hiarukōrusei shibō kan'en hasshō shinten kijo ni okeru meisō shinkei kanzōshi no yakuwari ni tsuite no kentō  
別タイトル
名前 Study of the role of the vagal liver branch in the onset and progression mechanism of nonalcoholic steatohepatitis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 寺谷, 俊昭  
カナ テラタニ, トシアキ  
ローマ字 Teratani, Toshiaki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40624408
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、肝硬変、肝細胞癌に進行する疾患である。NASH患者が急増する本邦において、NASH病態発症・進展機序の解明しなければならない。そこで、本研究では、NASH病態における迷走神経肝臓枝を役割解明を目的とした。
迷走神経肝臓枝を切除するとNASHの肝臓線維化病態を増悪させた。肝星細胞にはムスカリン型アセチルコリン受容体サブタイプ2(mAchR2)が高発現していた。mAchR2欠損マウスでは、野生型マウスと比べて、CCl4およびMCDによる肝臓線維化を増悪さえた。肝星細胞のムスカリンシグナルは肝臓線維化に対して抑制的に作用することが示唆された。
Non-alcoholic steatohepatitis (NASH) is a phenotype of lifestyle-related disease in the liver. NASH is a disease that progresses to cirrhosis and eventually hepatocellular carcinoma. In Japan, where the number of NASH patients is increasing rapidly, it is necessary to elucidate the pathogenesis and progression mechanism of NASH. Therefore, in this study, we aimed to elucidate the role of the hepatic vagal branch in NASH pathology.
Resection of the hepatic vagal branch exacerbated the liver fibrotic pathology of MCD-NASH. Analysis of neurotransmitter receptor gene expression in hepatic stellate cells revealed high expression of muscarinic acetylcholine receptor subtype 2 (mAchR2). In mAchR2-deficient mice, CCl4 or MCD-induced liver fibrosis was even exacerbated compared to wild-type mice. It was suggested that the muscarinic signal in hepatic stellate cell has an inhibitory effect on liver fibrosis.
 
目次

 
キーワード
非アルコール性脂肪肝炎  

脳肝相関  

肝星細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K08014
研究分野 : 消化器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:24  
作成日
May 17, 2022 13:20:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース