慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K06795seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K06795seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :232.2 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 85

Total downloads since May 17, 2022 : 85
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 耐性菌感染症の克服を目指した抗菌薬個別最適化投与法の構築  
カナ タイセイキン カンセンショウ ノ コクフク オ メザシタ コウキンヤク コベツ サイテキカ トウヨホウ ノ コウチク  
ローマ字 Taiseikin kansenshō no kokufuku o mezashita kōkin'yaku kobetsu saitekika tōyohō no kōchiku  
別タイトル
名前 Development of individually optimized dosing regimen for antimicrobial agents aiming at overcoming antimicrobial-resistant bacterial infections  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松元, 一明  
カナ マツモト, カズアキ  
ローマ字 Matsumoto, Kazuaki  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60733160
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
フロモキセフとラタモキセフは基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生大腸菌に抗菌活性を示すため注目されているが、PK/PD解析が実施されておらず臨床応用に至っていない。そこで、ESBL産生大腸菌に対するフロモキセフとラタモキセフのPK/PDパラメータを明らかにすることを目的として研究を行った。In vitro試験で、両剤共に時間依存的な抗菌活性を示した。好中球減少大腿部感染マウスモデルを用いてPK/PD解析を実施した結果、time above MICに最も相関することが示され、最大殺菌効果である1 log10 killを達成するための目標値はそれぞれ35.1%と69.6%であった。
Although flomoxef and cefmetazole has attracted substantial attention as an antibiotic against extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli (ESBL-producing E. coli), the pharmacokinetics/pharmacodynamics (PK/PD) characteristics of flomoxef and cefmetazole against ESBL-producing E. coli is unclear. The aim of this study was to determine the PK/PD index of flomoxef and cefmetazole against ESBL-producing E. coli. Time-kill curves exhibited time-dependent activities. In neutropenic murine thigh infection experiments, the antibacterial activities of flomoxef and cefmetazole correlated with the time that the free drug concentration remaining above the minimum inhibitory concentration (MIC) (fT>MIC) The target values of fT>MIC for 1 log10 kill reduction were 35.1% for flomoxef and 69.6% for cefmetazole. Thus, fT>MIC is the most significant PK/PD index of flomoxef and cefmetazole against ESBL-producing E. coli and its target values are ≧40% and 70%, respectively.
 
目次

 
キーワード
ESBL産生大腸菌  

フロモキセフ  

セフメタゾール  

PK/PD  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K06795
研究分野 : 医療薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:41  
作成日
May 17, 2022 13:20:41  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース