慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K06490seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K06490seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :84.2 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 50

Total downloads since May 17, 2022 : 50
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル GABAA受容体新規結合因子GARLHを介した抑制性シナプスの新しい制御機構  
カナ GABAA ジュヨウタイ シンキ ケツゴウ インシ GARLH オ カイシタ ヨクセイセイ シナプス ノ アタラシイ セイギョ キコウ  
ローマ字 GABAA juyōtai shinki ketsugō inshi GARLH o kaishita yokuseisei shinapusu no atarashii seigyo kikō  
別タイトル
名前 Novel molecular mechanisms to regulate inhibitory synapse functions through GABAA receptor regulatory Lhfpl (GARLH)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山崎, 世和  
カナ ヤマサキ, トキワ  
ローマ字 Yamasaki, Tokiwa  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60581402
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、申請者が世界で初めて発見したGABAA受容体新規結合因子GARLHに焦点を当て、抑制性シナプスを制御する新たな分子機構を明らかにすることを目的として研究を遂行した。その結果、GARLHが、抑制性接着因子NL2だけでなく、興奮性接着因子NL1とも結合し、NL1を抑制性シナプスへ局在化することを明らかにした。加えて、GARLHと結合することが明らかになったNL1について、HAノックインマウスを用いたプロテオーム解析を行い、NL1の結合分子を網羅的に同定した。また、近接依存性ビオチン化標識酵素とGARLHの融合タンパク質をマウスの脳に発現させ、未知の結合因子を探索する系を立ち上げた。
Previously we identified GARLH as a novel GABAA receptor binding protein. In this study, we investigated the molecular mechanisms which regulate inhibitory synapses through GARLH. We found that GARLH binds not only inhibitory adhesion NL2, but also excitatory adhesion NL1, and that GARLH localizes NL1 from excitatory to inhibitory synapses. Additionally, we performed proteome analysis of NL1 using HA-NL1 knock-in mice and revealed NL1-interacting proteins. We also designed fusion proteins of GARLH and proximity labeling enzyme, TurboID, and expressed in mouse brain. We are now investigating to identify novel GARLH binding proteins using this GARLH-TurboID system.
 
目次

 
キーワード
抑制性シナプス  

GABAA受容体  

GARLH  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K06490
研究分野 : 神経シナプス科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:40  
作成日
May 17, 2022 13:20:40  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース